民法(債権法)改正第7回ミニシンポジウム(研修)を受講しました。 - 民事家事・生活トラブル全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

民法(債権法)改正第7回ミニシンポジウム(研修)を受講しました。

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事家事・生活トラブル全般

講座名 民法(債権法)改正第7回ミニシンポジウム
研修実施日  2011年12月17日
実施団体名  日本弁護士連合会       

法制審議会での議論                                                              
・公序良俗で暴利行為の定義規定の新設
・意思能力の定義規定の新設
・瑕疵ある意思表示について、第三者保護規定の統一化(第三者の主観的要件)                                                              
・双方代理の禁止(民法108条)違反の法的構成と効果
・職業別の短期消滅時効の廃止 ⇒は尾石するとして、消滅時効期間(5年案、10年案)                                                             
シンポジウム
・消費者契約法の民法への取り込み
・現行消費者契約法では事業者は保護されないので、「消費者的事業者」、零細中小事業者の保護。なお、特定商取引法でも営業的行為は保護されない。
・情報量の格差、間違った情報提供(断定的判断の提供、過失による詐欺など)の類型は、英米法系の「不実表示」の規定を新設することで対処できるのではないか。                                                              
・交渉力の格差について、不当条項規制の規定を新設する。                                                              
                                                              
                                         
                                         

このコラムに類似したコラム

消費者法 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/15 07:11)

自己破産をお考えの方へ(正しい知識を身に付けよう) 中西 優一郎 - 弁護士(2016/12/07 15:59)

借金は一人で悩まず早めのご相談を 中西 優一郎 - 弁護士(2016/12/07 15:54)

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)