残業代未払事件のポイント - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月25日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

残業代未払事件のポイント

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

 

残業代未払い

・満額回収を目指すならば、本裁判

・付加金(労働基準法114条)について、労働審判では認められないが、異議申立て後の本裁判では認められる。

・労働審判は「ざっくり型」の解決がされることが多いが、実労働時間についての主張立証は必要(本裁判でも同じ)。

・労働契約の内容と実態(始業時間、就業時間、休憩、所定労働時間、賃金の締切日・支払日、基礎賃金、時間外・深夜・休日・休日深夜の区別など)

・実労働時間

・計算表を用いる。

・事業場外みなし労働時間、裁量労働制、管理監督者(労働基準法41条2項)の抗弁などの各要件。

・上記の抗弁が認められない場合に備えて、実労働時間について、予備的主張

・消滅時効(労働基準法115条)

・和解の場合、他の従業員に対する影響

このコラムに類似したコラム