消費税が上がる前に買うべきか - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
杉浦 詔子
杉浦 詔子
(ファイナンシャルプランナー、カウンセラー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2021年08月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費税が上がる前に買うべきか

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える

消費税の増税が近づいています。

1年後に8%、2年半後に10%の税率となる見込みです。

このような状況下で、例えば、マイホームや車など、
今のうちに大きな買い物をしておいた方がよいのではないか
とお考えの方もいらっしゃると思います。

もちろん、ごく自然な考え方と思いますし、同じ買うなら、
なるべく5%の時に買っておいた方がよいでしょう。

ただ、気を付けなければならないのが、
2年半後には、消費税10%の時代に突入するという現実です。

政府・日銀が目指す、毎年2%のインフレ目標が達成されれば、
消費税の他に生活コストの上昇も避けられません。

すでに今月から、円安などの影響で、電気料金や食料品の値上げが
始まるようです。

他に、社会保険料の年々の負担増なども加わります。

例えば、2年半後、今よりも、年30万円の負担増になる
世帯主35歳のご家庭があるとします。

このご家庭は、2年半後から年30万円以上の負担増となり、
その後も、おそらく負担が下がることはありません。

そう考えると、このご家庭は、リタイアまでの30年間で、
予定より900万円以上の貯蓄ができないことになります。

運用できないことで失う運用益も含めると、かなりの額です。

したがって、今必要なのは、この先2年半のお金の損得計算よりも
その後の資金繰り計算です。

くれぐれも、無計画な衝動買いには、注意してください。

いきあたりばったりで、過大なローンを組み、家計が苦しくなってしまう
ご家庭は今でも少なくありません。

まして、消費税10%時代には、より慎重になるべきだと、私は思います。

厳しい時代ですが、既に分かっていることには、対策があります。

対策は、個人で活動しているFPと一緒に検討されるのもよいと思います。

ぜひ明るい気持ちで乗り越えていきましょう。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

老後2千万円必要は本当か(2019/06/10 17:06)

今年1年を振り返って(2016/12/22 18:12)

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

このコラムに類似したコラム

お金BANKプロ様Webサイト 執筆記事掲載のお知らせ 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2020/09/25 08:50)

知っ得!カードローン様Webサイト 監修記事掲載のお知らせ 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2020/04/17 01:55)

マイナビ様Webサイト 監修記事掲載のお知らせ 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2019/08/29 00:00)

マイナビ様Webサイト 監修記事掲載のお知らせ 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2019/08/10 04:45)

個人事業でもカードローンの審査に通りやすい方法を徹底解説 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2018/08/08 02:46)