4月1日 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

寒かった時期を乗り越え、ようやく4月となりました。


この4月1日は人事異動や組織変更が多く、企業にとっても特別な日だろうと思います。

世界では12月決算が主流のようですが、日本では最近12月決算が増える傾向にあるようですが、未だ上場企業では3月決算が約70%を占めており、そのことからもこの日を新年度と感じる方は多いでしょう。


加えて学校や役所などの公共機関の新年度もこの時期であり、一般的に新年度と位置づけられるタイミングと言えます。


新年度になれば何が変わるか。


前述のように組織変更による新体制や新人事の他にも、新規事業のスタート、学生や新社会人などは新生活のスタート、役所でいえば規制などの施行日、今年でいえば消費増税まであと1年?など、多くの組織で新たなスタートをきる日であり、発信の契機も同様に多いと言えます。


単に4月1日を自社内だけを見渡すだけでなく、広く一般社会にとっても新たなスタートの日でもあるため、自社内や商品、サービスなどと照らし合わせ訴求できる切り口を探す必要があります。


そして新聞であっても3月初旬位からアプローチをする必要があることから、雑誌などを考慮するともっと早い段階から4月1日を意識する必要があります。


来年度のご参考までに。


クリックをお願いします!











 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

既存商品のPRを! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/07/16 10:04)

報道露出分析で解ること 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/06/19 09:05)

広報担当と決算発表 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/05/01 09:15)

少数派にもニュース性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/22 11:32)

2012新語・流行語大賞が決定 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/12/05 07:39)