「完全変態」で固まるよりも、「不完全変態」で脱皮し続けること - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

『稼げる資格』 資格専門誌『稼げる資格』編集長
キャリアカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

松山 淳
松山 淳
(経営コンサルタント)
吉田 但
吉田 但
(キャリアカウンセラー)
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2017年07月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「完全変態」で固まるよりも、「不完全変態」で脱皮し続けること

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般

社会人になってから大学院で学んだり、学校にいったりすることを
まるで不思議なこと、異常なことのように受け取る方がいらっしゃいます。

「昇進や転職に有利なのか」「資格を取ったら必ず稼げるのか」
そして「そんな保証もないのに、なんでわざわざ学ぶんだ?時間とお金を使って・・」。

どうやら、こういう方々にとっては、
学校を出て仕事を始める、というのが「大人になる」ということで、
その後もう一度学校にいくというのは「大人になりきれない」ことのようです。
イメージは、どうやらチョウとかセミとか、
一度成虫になったら死の瞬間までそのままの

「完全変態」

のような。
武士の元服のように、民族学でいう「通過儀礼(イニシエーション)」を終えたら、「晴れて大人」・・
その後は、変わらない。

でも、実際には、社会環境はどんどん変わっていくものですし、
自分の心の側だって変わっていきます。

専門職としてプロの仕事をしている方であればあるほど、
「去年の自分よりも今のほうが上達している」「専門度が上がっている」と言われます。
同じように虫にたとえるならバッタのような

「不完全変態」、

何度も何度も脱皮を繰り返して大きくなっていくように。

学び続け、変わり続けていくからこそ、
義務教育で学んだことよりも、大人になってから学んだことのほうが大きい、と言える。
そういう方々が「学校で学んだことなんて」というのならまだわかります。
単に、学ぶ「場所」が学校と呼ばれる場所か、実地と呼ばれる場所かの違いだけなのですから。

でも残念ながら、「学校で学んだことなんて」という言葉を言う人であればあるほど、
職場でも、学んだり変わったり成長したり、といったことから縁遠い人が多い。

どうして、
いちど社会に出てから学校に通う人たちのことを
「これまでぼんやりと過ごしていたからだ」「焦ってる」「不安だ」と
マイナス要因から片づけようとする人が多いのかずっと不思議でした。

でもこんなふうに考えてみると、
彼らは本当に、学んでいない自分たちのことを正当化したいだけじゃなのかと思うようになってきました。
学んでいる人を見て、自分のほうこそ不安になってんじゃないかと。

実際には、
人から喜ばれたり、価値の高いものを生み出しつづけて「楽しく」仕事をされている方々は、
一つのことを深く深く掘り下げていくのでも、
とりあえず見つけたことをつぎつぎと拡げていくのでも、
ずっと学び続けてらっしゃるというのに。

自分も、
死ぬ日の朝まで学んで、変わり続けていたい。
どこまでできるか、わかりませんが、目標です。

稼げる資格2013年上半期版 (リクルートムック)/リクルートホールディングス
¥500Amazon.co.jp
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(キャリアカウンセラー)
『稼げる資格』 資格専門誌『稼げる資格』編集長

働く個人の側に立ち、資格や学びを活用したキャリアづくりを提案

現在編集長をしている資格や大学院の専門誌をはじめ、就職、転職、U・Iターン、進学とこれまで一貫して個人のキャリアを提案するメディアを作ってきました。過去取り扱った2000人以上に上るライフヒストリーを元に、リアリティのある情報を提供します。

このコラムに類似したコラム

いよいよ発売日!! 乾 喜一郎 - キャリアカウンセラー(2013/09/10 17:41)

学校という不思議な商材~なぜ同じ授業でも人によって評価がガラリと違うのか 乾 喜一郎 - キャリアカウンセラー(2013/03/07 16:08)

シンプルに暮らす。 齋藤 めぐみ - キャリアカウンセラー(2013/02/24 23:33)

本当に大切なものは? 松尾 一廣 - キャリアカウンセラー(2010/06/03 09:04)

たおやかに生きる 竹内 和美 - 研修講師(2014/10/14 11:56)