生命保険料控除の改正 - 税金全般 - 専門家プロファイル

林 高宏
林高宏税理士事務所 
鹿児島県
税理士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険料控除の改正

- good

  1. マネー
  2. 税金
  3. 税金全般



今年から生命保険料控除が改正になりました。



今までは、一般最高5万円、個人年金最高5万円でした。

計算式は割愛しますが、要は支払保険料が10万円を超えると

控除額は5万円で打ち切りでした。



また、個人年金保険は当初は掛けている人をちらほら見かけましたが、

最近の不景気の影響を受けてかは不明ですが、ほとんど見かけなくなりました。



今回は、それが新生命・介護医療・新個人年金の3つに区分されることになりました。

以前のものは、旧生命保険・旧個人年金と呼ぶことになりました。



あまり変化はないだろうと予想していたのですが、

介護保険の加入をたびたび見かけます。

FPの立場で言うと、介護保険はお金持ちの保険で、

一般人にはあまり関係ないと教わったものです。




今までの介護保険は一般の生命保険と同様に扱われていました。

しかし、今後は医療介護と別枠で考えられることになったわけです。




旧生命保険料控除 5万円

新介護保険    4万円



合計       9万円


という申告書をよく見かけます。


参考までに、介護保険と聞くと、関係ないと思いがちですが、

これって、活用の仕方次第では、個人年金にとって変わるものなのです。




生命保険会社にとって、久々の朗報なのかもしれません。


このコラムに類似したコラム

新・税理士からのお知らせ第4号 林 高宏 - 税理士(2012/11/07 18:26)

平成24年の年末調整 3つの注意点 大黒たかのり - 税理士(2012/10/09 20:08)

新生命保険料控除 大黒たかのり - 税理士(2012/05/22 11:49)

年末調整 保険料控除申告書の記載方法 大黒たかのり - 税理士(2011/11/09 17:22)

【社会保障 で 実質増税!】-厚生年金・介護保険 森 滋昭 - 公認会計士・税理士(2011/11/01 08:43)