大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「カナダ大学出願10/1オープン-留学生の親は何をすべきか」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:1件
Q&A:114件
コラム:1,228件
写真:1件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

カナダ大学出願10/1オープン-留学生の親は何をすべきか

- good

留学 大学・高校正規留学 2021-10-03 07:25

10月1日、来年のカナダ大学入学希望者の出願がオープンしました。

カナダ地元の高校生たちも、ドキドキしながら、大きな将来を作るために大学への出願を開始していきます。

 

カナダの親は何をするかって?

カナダCBCの記事から引用してみましょう。

 

守られていた高校生から一挙に大学生になる子供の事を思うと、胸が張り裂けそうで、でも心踊ることで、でも怖くて、ストレスがものすごく多くて。

 

この秋、大学に進学したカナダ現地の高校生はこう述べています。

「家族がいなかったら何の準備も出来なかった。 家族のサポートなしではありとあらゆる隠れた落とし穴に落ち、危険きわまりない状況に陥ってしまったと思う。 家族のおかげで今はワクワクする大学生活を送れている。」

 

さぁ、大学留学を希望する日本のみなさん。

カナダで生まれ、英語で育ち、カナダの高いレベルの高校のコースを優秀な成績で卒業したカナダの生徒でも、こうやって最初の困難を乗り切ってます。

 

大学留学成功の大きな鍵は、最初の段階で、カナダに必ず信用出来る大人がいること。

あなたのことをよく知っており、日本の親とも信頼関係があり、事あるごとに相談出来る大人がいること。

これがいかに大切かを知っている人は、実は少ないと思います。

 

もし、とんでもない悪いことが起こったら? それも想定しているのがカナダの親です。

暴力を受けたり、ランダムな暴行の犠牲になったり、Sexual Assaultの犠牲になったり(大学では非常に多いです。)危険がいっぱいです。

カナダ統計局の発表によると、大学女子学生のうち性的暴行を受けた経験がある割り合いはなんと11%。2019年の統計です。

パンデミックでこの問題はさらに悪化しており、大学でのデモも続いています。

 

心配しているカナダの親は、常に親のネットワークも作り、有事の際には子どもをすぐに助けられるよう日頃から準備をしています。

 

ほら、大学に子どもを送り出す日本の親のみなさん。

あなたは何を準備して、どんな体制で子どもを守ろうとしていますか?

 

詳しくはPodCast

 

カナダにいらっしゃい!

_______________________

「カナダ大学正式留学」eBook 

Pandemic禍の留学Support Group   Canada Club

「カナダ高校留学実態総集編」eBook 

「カナダ高校留学アセスメント」テスト

「小学生のための英語アセスメント」テスト

カナダ発日本人のための本格的英語学習サイト UX English 

わかりやすいクリティカルシンキング講座

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム写真