大澤 眞知子(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)- コラム「多くの留学生をエッセイの達人に育てた実績を日本の受験生にも」 - 専門家プロファイル

大澤 眞知子
カナダにいらっしゃい!

大澤 眞知子

オオサワ マチコ
( カナダ留学・クリティカルシンキング専門家 )
Super World Club 代表
サービス:5件
Q&A:111件
コラム:638件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
※ご質問・相談はもちろん、見積もりや具体的な仕事依頼まで、お気軽にお問い合わせください。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

多くの留学生をエッセイの達人に育てた実績を日本の受験生にも

- good

英語学習方法 英語でエッセイを書く 2018-09-02 08:36

英語でエッセイを書くことは、もはや留学生だけが学ぶことではなく、日本の受験生たちにも待ったなしの能力となりましたね。

2020年の入試改変に伴い、英語の形式で、英語の思考法を用いエッセイを書く能力がおおきく存在感をみせています。

 

1994年以来、カナダにやって来る留学生にエッセイスキル指導をして来た目で眺めると、一種不思議な現象に思えてなりません。

 

英語のエッセイには、日本語思考にはないクリティカル・シンキングが必須です。

また、曖昧抽象的な日本語随筆に比べ、英語のエッセイは具体的実例の上に成り立っています。

その具体的実例の上に考えを発展させていく過程も、クリティカル・シンキング思考法を使い進めていきます。

 

また、エッセイに欠かせないのが、自らの観察・経験から生まれてくる想像力と創造力です。

そうです、日本の教育制度が必死になって潰している、人間固有の重要な能力、想像力と創造力が英語のエッセイには必要です。

 

塾で何時間、文法や語彙を覚えてもエッセイは書けません。

書き方のフレーズを教わっても、中身になる自分自身の考えがないとエッセイは書けません。

 

では、どうしたら自分自身の考えを論理的・客観的・科学的・批判的に組み立てて行けるのでしょうか。

その道筋をひとつひとつ丁寧に指導していくOnline Essay Writing。

 

たくさんの留学生をエッセイの達人に育て上げた実績を、日本の受験生にもと張り切っています。

 

日本教育制度にどっぷり浸かった受験生の脳をどこまで変えることが出来るか。

頑張る日本の高校生たちに期待しています。

 

Online Essay Writing, Lesson OneをTrial Version として無料ダウンロードまもなく開始します。

ご希望の方はお知らせ下さい。

 

カテゴリ 「英語学習方法」のコラム

Topic Sentences for Essay Questions(2018/08/29 06:08)

Writing Good Topic Sentences(2018/08/29 01:08)

Read to Succeed at Canadian Schools(2018/07/31 07:07)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導

論理的なエッセイを英語で書くとはどういうことかを体験

料金
11,000円

初級から上級まで個人のレベルに合わせて指導します。 
Writer でもあるNative Speakerのチェック付き。
「日本人なのにどうしてこんないいエッセイが書けるの?」とカナダの大学関係者をうならせたエッセイ指導がメールで可能です。

英語圏の大学で通用するエッセイの書き方指導
プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスサービスQ&Aコラム