返済と住宅控除について - 住宅資金・住宅ローン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

返済と住宅控除について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2009/11/05 01:26

今年マンション購入し、現残高1600万弱、35年ローン中。
利率は変動で1.125%
現在の収入が600万ほどで毎月返済が¥48,000 + 30,000ほどの管理費
子供が5&3歳
今月満期を迎える定期ものがあり、それを含め貯蓄は1300万ほどにはなる予定。

投資等は余り考えておらず確実に一部繰上返済をしていくか、もしくは銀行等の10年もの定期預金等で確実に預けるかどうか、と迷っているところです。

銀行で相談したところ、仮に1000万を期間短縮一部繰上げした場合は23年ほど短縮出来る模様で、現在の利率で計算するならば300万ほど利息が浮くとのこと。
ほか、年内に繰り上げするのと年越してからでは金利が\18,000ほど違ってくるみたいですが、住宅ローン控除に何か違いは出てきますでしょうか?
すみません、何か良いアドバイス頂けると幸いです。

あくぅさん ( 東京都 / 男性 / 38歳 )

回答:3件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済について

2009/11/05 08:34 詳細リンク

おはようございます。

住宅ローン控除は返済期間が10年以上ないと適用にはなりません。ただし、住宅ローン控除を考えるよりも住宅ローンという借金を早く返したほうがいいです。
現状特に使う予定もないのであれば、住宅ローンを減らしたほうがいいでしょう。
常にローン金利よりも高い利回りで運用ができるのであれば話は違いますが。
繰り上げ返済には、期間短縮する方法と返済額を軽減する方法があります。
家計の収支上、支出を減らしたいのであれば返済額を軽減する方法のほうがいいかもしれません。


株式会社FPソリューション
ファイナンシャルプランナー(CFP)
辻畑 憲男

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

繰り上げ返済の件

2009/11/05 15:33 詳細リンク

あくぅさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『住宅ローン控除に何か違いは出てきますでしょうか?』につきまして、住宅ローン控除の適用要件のひとつに返済期間が10年以上残っていることとなります。

よって、繰り上げ返済を行うことで、返済期間が10年未満になってしまう場合には、それ以降の分は住宅ローン控除の適用は受けられなくなってしまいます。

尚、住宅ローン控除に関する詳細につきましては、ファイナンシャル・プランナーは税金に関しては専門ではありませんので、税金の専門家である税理士さんか最寄りの税務署で確認をするようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

渡辺 行雄が提供する商品・サービス

電話相談

『下流老人』にならないために今から始める老後対策

お金に関する不安のない、ゆとりある老後を迎えるために

電話相談

借り換えを検討している方限定!住宅ローンの選び方(提案書付)

あなたにとって最適な住宅ローン借り換えにつきましてアドバイスします(提案書&キャッシュフロー表付)

山中 三佐夫

山中 三佐夫
ファイナンシャルプランナー

- good

基本的に10年以上で償還予定!

2009/11/05 23:49 詳細リンク

あくぅ様へ

はじめまして、FP事務所アクトの山中と申します。
今回、あくぅ様からのご質問につき、お応えさせていただいます。
下記をご参考にされてはいかがでしょうか。

(ご参考)

1.住宅ローン減税(控除)につきましては、
基本的に10年以上で償還予定の住宅ローンを対応しており、毎年12月末現在の借入金等の残高の控除率を掛けて(最高50万円)の減税額が算出されます。

2.つまり、繰上げを行うことによって、借入金等の年末残高が低い場合は住宅ローン減税(控除)額は少なくなるため、住宅ローン減税(控除)額は少なくなります。

以上

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

10年間住む予定のマンション購入について RJ-TCさん  2010-03-04 02:20 回答3件
手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
住宅ローン繰上返済について さーちゃんさん  2008-07-01 00:37 回答2件
住宅ローンの不安 ハルコさん  2008-11-17 20:24 回答1件
住宅購入で悩んでいます しゃくたろうさん  2007-11-06 19:56 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

初めて住宅を購入する方の住宅ローン相談(提案書など特典付)

住宅ローンを組んで住宅を購入するということは、人生最大の借金をすること。だから失敗は許されません。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 住宅ローンの借換えと生命保険の見直し個別相談会
寺岡 孝
(住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)