もうすぐ 払込期間を終える保険の解約について - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もうすぐ 払込期間を終える保険の解約について

マネー 生命保険・医療保険 2012/09/25 20:48

主人の生命保険があと2年で 60歳の払込期間を終えます。
そこで 満期を迎えた時点で解約して 現金で払い戻しを受けようと保険会社に確認したところ、
払い込んだ総額の半額以下の金額しか戻ってこないことが わかりました。

どういうふうに計算されているのか 計算書を送ってもらうよう依頼しましたが
こういうものは 法律で決まってはいないのでしょうか?

またそのまま 満期時点で 置いておけば 死亡は基本の金額がつくということですので やはり 死ぬまで置いておくほかないのでしょうか?

補足

2012/09/25 20:48

ちなみに 27歳より60歳まで33年間 月掛15000円。
基本金額は300万円。(60歳までは 災害死亡時 3000万 普通死亡時1500万)
払い戻し額は 60歳の払込済み時点で130万円弱と回答されました。

ぎょぴちゃんさん ( 滋賀県 / 女性 / 37歳 )

回答:2件

渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

2 good

保険の種類と解約返戻金

2012/09/25 22:56 詳細リンク
(2.0)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。

保険証券を拝見していないので、正確なところがわかりません。
以降仮定でお話しします。

基本金額というのは、主契約の終身保険ではないでしょうか。
払いこみ期間は60歳までと仮定します。
普通死亡時というのは、もしかしたら60歳までの定期保険型の特約
ではないかと思います。

災害死亡時は1500万円の増額になりますが、同様に災害時の割増特約で
これも払いこみ終了と同時に終了かと思います。

上記の保険に契約していると仮定した場合、
300万円の終身保険部分には解約時の払い戻し金はありますが
60歳で保障が終わる保障については、払戻金はありません。

ですので、計算書等の前にどのような保険なのかを
もう一度きちんと担当者さんから説明を受けるのが先になります。

是非お近くの窓口などで説明を受けてみてください。

簡単で恐縮ですが何か参考になれば幸いです。

保険コンサルティングオフィス
有限会社ワークソリューション
代表 渡辺

http://www.work-sol.com

定期保険
終身保険

評価・お礼

ぎょぴちゃんさん

2012/09/26 21:30

早速のご回答ありがとうございます。

おっしゃる通り主契約の終身の300万円についてだけの解約時払い戻し金が 払い込んだ額に比べて少なすぎるのでは?という疑問です。
質問時にうまく説明できなくて申し訳ありません。

払い込みの内訳を見ても 特約部分の金額よりも 主契約部分の金額の方がはるかに高いのに
60歳払い込み済みで計算しても 解約時に半額以下というのは 納得がいかなかったので質問させていただきました。

こういう場合の計算式は 保険会社によって 違うものなのでしょうか?

渡辺 美晴

渡辺 美晴

2012/09/27 09:46

評価ありがとうございます。

転換など途中の経緯がわからないため
正確なお話しはできてない可能性はあります。

多いか少ないかはやはり直接保険会社の窓口に
詳しい説明を受けたほうがよいでしょう。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
石川 智

石川 智
ファイナンシャル・プランナー

1 good

シンプルに考えますと・・・・・

2012/09/29 10:07 詳細リンク
(5.0)

こんにちは、高知の石川です。よろしくお願いします。

この保険はいわゆる「定期保険特約が付いた終身保険」ですね。

お入りの当時の予定利率が正確にわからないのでなんともいえませんが、通常は、300万円の終身部分に払い込む保険料は、150万円ほどかと思います。

払い込み終了時に払い込んだ保険料の9割近くは返ってくると思いますので、解約返戻金が130万円ということでしょうか?

その場合、150万円の保険料を33年間で割り、それを12で割ると、大体の一ヶ月の保険料がわかります。

その式で計算すると、
150万円÷33÷12=3800円ほどかと思います。

しかし、お客様の手持ちの資料に詳細に保険料が分けられて書かれているのならば、この数字とあまりにも違う場合は、先の先生がおっしゃっていたように、転換などの処理をしているのとか、凄く解約返戻率が悪い、か、予定利率が想像している利率とは違う、などが考えられます。

当時の計算書があればいいのですが、仮になくて、再請求したとしても、今の利率に基いた計算しかできないと思いますから、当時の利率での計算書を手に入れるのは難しいと思います。

計算書を渡すのは、その中に契約概要が書かれていることもありますので、現在では渡さないで契約することはありえません。

この保険をどうするべきかということですが、これはあなた様の状況次第です。

他に保険もないのであれば、終身部分だけでも置いておくと万一の際の整理資金にはなります。

特約の1500万円部分だけを全て解約できるのならば、そういう「終身部分だけの残し」という選択肢もありますが、保険会社によっては「最低保険金額」などという社内ルールがあり、そういうご要望に添えない場合もありますので、今後のご希望を整理したうえで、保険会社にご相談するのがいいと思います。

客観的なご意見が必要でしたら、私のご提供するセカンドオピニオンサービスでもご利用ください。

少しでも参考になりましたら幸いです。

ファイナンシャルプランナー
石川 智

ファイナンシャルプランナー
シンプル
定期保険
終身保険

評価・お礼

ぎょぴちゃんさん

2012/10/02 20:34

具体的なお話で 非常によく理解できました。

保険会社の話を聞いてみると 60歳の払い込み終了時点で 特約を全て解除して
終身基本部分の300万円だけを残すのが 一番いい方法かと現時点では考えています。

とても参考になるご意見ありがとうございます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

第1子誕生に伴い、夫の生命保険の検討 yukkoyukkoさん  2013-02-14 21:56 回答3件
生命保険の更新を保証する書面発行について sugataさん  2010-07-01 22:36 回答2件
生命保険加入を検討しています enomさん  2010-01-13 21:15 回答9件
生命保険の新規契約内容について ありーなさん  2008-07-28 14:52 回答7件
生命保険の保障開始日と契約日の間に おだんごさん  2007-07-13 12:47 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)