単身者の介護保険について - 保険設計・保険見直し - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

単身者の介護保険について

マネー 保険設計・保険見直し 2011/02/14 08:24

掲題の件について、アドバイス頂ければと存じます。

40代女性、会社員です。
現在加入中の医療保険の見直しを行っており、そのなかで介護保険についても加入すべきか思案しております。

単身者の介護保険についてどのように考えると良いでしょうか。
ネットを検索すると、自身が介護状態になると、在宅でも月々6万ほどかかることから、要介護状態になると年間60万ほど(プラスで初回に一時金が出るもの)出るものが目につきます。ソニー生命のものなどは、一時金で支払うと7年目からは解約しても元本割れしないものなどがありました。また一時金ではなく月々支払うものもあります。

今までは医療保険にばかりに気をつけておりましたが、年齢が上がるにつれ、介護の点も気になってきました。公的な介護保険料も支払っているのであまり手厚く掛ける必要も無いかと思いますが、その分を貯蓄に回しても現行の低金利状態を鑑みると、上記の介護保険のような7年目以降は元本割れしないものがあるなら、そちらに入れても良いかとも考えます。

独身者の介護保険加入に対する考え方につき、アドバイス頂ければ大変有難く存じます。

motaさん ( 兵庫県 / 女性 / 40歳 )

回答:2件

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

介護保険について

2011/02/14 09:04 詳細リンク
(5.0)

おはようございます。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

介護保険についてですが、将来介護状態になった場合おそらくどこかの施設に入るのかと思われます。そのときに手元の預貯金で支払える状態であるならば加入する必要はないし、そうでなければ加入されたほうがいいかと思います。預貯金とのバランスを考え検討してみてください。
また、介護保険は貯蓄タイプと掛け捨てタイプがあります。保険料が安いのは掛け捨てのタイプですが、将来解約(?)するのであれば貯蓄タイプのほうがいいでしょう。
ただ、年をとればとるほど本当に解約ができるものか難しいところのように思えます。
もちろん貯蓄タイプのほうは介護状態にならずに死亡した場合には、死亡保険としても受け取れます。しかし、独身でいるのであれば死亡保険を多く残す意味もないのではないでしょうか。
その当たりを考え検討してみてください。
本当に判断が難しいのですが、現状お金に余裕があるのであれば公的介護保険の1割負担分ぐらいは加入されてもいいかと思います。

死亡保険
介護保険
介護
マネー

評価・お礼

motaさん

2011/02/21 15:38

アドバイスを有難うございます。

単身者で有るが故に、預貯金であっても介護保険として保持していても、いざその状態になった時にちゃんと手続きをしてもらえる人を確保しておくことも必要であり、色々考えることが多くてどうしても後回しになってしまいました。

医療保険と同様に介護保険も、健康な身体でないと加入申し込みを受け付けてもらえないと聞きました。色々順序だてて考えてみます。また不明点でて参りましたらご教授を宜しくお願いいたします。

辻畑 憲男

2011/02/21 16:38

評価ありがとうございます。
介護については本当に難しい問題です。
また、何かありましたらご相談ください。

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPソリューション 
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
渡辺 美晴

渡辺 美晴
保険アドバイザー

- good

介護保険について

2011/02/14 13:46 詳細リンク
(5.0)

こんにちは
保険アドバイザーの渡辺です。


介護については、皆さんニーズはあるように思います。
生命保険の中でも、こうした医療や介護の商品への要求の高まりは
これからどんどん高くなると思います。

保険会社の介護保険商品というと、特定の介護状態になった場合に給付を
行うタイプが多いのですが、この「特定の介護状態」をどうやって判定するか
という点の確認が必要になります。
公的介護保険の認定をベースにするのか、会社独自で認定するのか、
また具体例としてどのような状態になったら給付の要件になるかなど
しっかり確認してください。
ご自身のイメージと給付要件をマッチさせることが何より大切です。

さて、解約返戻金もあり、介護保障としても活用できるような商品を今回
ご検討のようですが、私もそのお考えに賛成です。
老後は介護状態にならなくても、それなりのケアが必要になってきますので、
もしかすると介護認定を受けるほどではなくても出費があるかもしれないからです。
(足腰が弱くなって杖を買う、リフォームするなど・・・・)
緊急予備資金としての意味合いも持たせることで使いやすい保険になると思います。

以上簡単で恐縮ですが、参考になれば幸いです。


具体的な商品説明やご案内はこの場ではできませんので、
ご不明点などはお問い合わせ頂ければと思います。
オールアバウトのご質問者様には匿名での無料相談をお受けしています。

http://www.ehoken-web.com (リニューアル暫定版リリースしました!)
http://www.work-sol.com

All About
保険アドバイザー
介護保険

評価・お礼

motaさん

2011/02/21 15:41

アドバイスを有難うございます。

自分がどの状態になったら(要介護2なのか3なのか)、またその判断尺度もそれぞれの会社独自のものなのか、など、素人では中々理解するのに一筋縄ではいきません。

また単身者であるがために、実際に介護が必要になった場合の手続きをしてくださる人の確保も考えないといけません。

このようなサイトや、また適宜プロのかたにアドバイスを頂いて、順序立てて考えます。
また不明点出てまいりましたら宜しくお願い申し上げます。

渡辺 美晴

渡辺 美晴

2011/03/03 18:56

評価を頂きありがとうございます。
介護になったら・・・と考えるより、
できるだけ介護にならないようにするためには・・・と考えるほうが
人生が明るくなります。
介護保険など将来については、「とはいっても一応万一に備えて・・・」
という程度の軽い気持ちで検討されたらよろしいかと思います。

ご本人の代わりに給付手続きをしてくれる方は、できれば家族、親戚などがよいでしょう。
将来、どうしてもという場合には「成年後見制度」もあります。

それではまたこうした場所でお会いできる事を楽しみにしております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

30歳男性保険の見直し keyco1さん  2014-09-16 00:50 回答4件
終身保険の見直し kuwagata2010さん  2010-01-28 01:19 回答3件
夫の生命保険を見直したいのですが、悩んでます。 ぽこちゃんさん  2009-08-27 16:54 回答5件
DINKsの保険について さくら0000さん  2016-08-24 16:27 回答1件
ユニットリンク保険、AIG富士生命 0614aさん  2016-02-23 12:49 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

「リスクと保険」無料相談

震災・災害時に役立つ保険とは

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

保険の見直しで家計が変わる!

保険の知識をつけることにより、保険料のリストラができます。

辻畑 憲男

株式会社FPソリューション

辻畑 憲男

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

これで安心!生命保険の電話相談

生命保険の見直しや新規に加入をご検討されている方に最適なアドバイスが受けられます。

()

対面相談 独立系FPによる効果的な保険診断【大阪】
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 鹿児島市保険の見直し訪問サービス
宮里 恵
(ファイナンシャルプランナー)