給与体系の改定について - 人事労務・組織 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:人事労務・組織

給与体系の改定について

法人・ビジネス 人事労務・組織 2010/08/31 16:27

設立して2年ほど、社員8名の小さな会社です。
今までは何となくという感じでやってきましたが、専門職の社員について、今後はきちんとした評価制度を導入しようと考えております。

現状では、最初の雇用契約時の固定給(かなり高め)で給与が支払われているのですが、個人個人であまりにも努力の差や能力の優劣がはっきりしてしまっているため、これを大幅に見直し、個人の能力や業績に応じて変動させることができる給与体系にしたいと考えております。

とはいえ、急に下げるわけにもいきませんので、方向性としては、一定金額の給与を支払うことが前提で、半年ごとに個人の業績・売り上げ等で見直しを行うことができるような給与体系を検討しています。

この場合、現給与を「基本給」と「専門職としての職務給」の等分に二つに分けて、半年後との業績に応じて「専門職としての職能給」の部分を大幅に上下させる、
もしくは、同様に「基本給」と「専門職としての職務手当」に分けて、「専門職としての職務手当」部分を大幅に変動させることも検討しています。

このようような給与体系にしても、問題はないでしょうか?
もっとよい方法がございましたら、ご教示を賜りたいと存じます。

何卒宜しくお願い申し上げます。

blueroseさん ( 神奈川県 / 男性 / 38歳 )

回答:1件

小笠原 隆夫 専門家

小笠原 隆夫
経営コンサルタント

- good

体系自体は問題ないが、あとはさじ加減次第

2010/08/31 18:17 詳細リンク

こんにちは。ユニティサポートの小笠原と申します。

質問内容だけでは非常に限定された情報なので、ごくさわりのアドバイスになってしまいますがご了承下さい。

今まではほぼ固定給で支払ってきたものを、半期毎の実績に合わせて変動するようにとの事ですが、基本的な考え方自体には問題なく、後は具体的にどの程度のさじ加減で変動させるかという事でしょう。「大幅に変動…」とありますが、これがどの程度なのかは注意を要する所だと思います。

注意点の一つ目として、給与は配分と水準の二つの側面があり、評価による変動というのは主に配分に関わる問題です。よく「うちは同年代でも評価によって年収が200万違う」等という会社がありますが、そんな会社は給与水準も高い事が多いです。世間相場から比べて給与水準があまり高くないにもかかわらず、月収が2割3割変動するということだと、生活保障という観点でも社員の定着の面でも問題ありでしょう。評価格差をつけるためには、一定の給与水準を保てる支払能力も必要という事になります。

二つ目としては、評価の納得性との関連です。「半年毎の個人の業績・売り上げ等」とあるので、割と定量的な評価が可能な仕事柄かもしれませんが、それでも担当地域、商品、顧客や市場環境による運不運など、本人にはどうしようもない事象はつきものです。また取り組み姿勢や顧客の信頼、仕事のプロセスなど、必ずしも結果として見えてこない部分もあります。これらとどう折り合いをつけて、ある程度の納得を得られる評価制度にしていくかという事が重要です。納得できない評価結果で給与が大きく変動するのでは、社員にとってはたまらないでしょう。

最後に三つ目として、現状からのスムーズな移行のために一定の配慮が必要という事です。職務給等の比率を何年かかけて徐々に上げる、評価の信頼性向上と合わせて徐々に変動幅を上げる、特に減収が見込まれる者には期間限定で何らかの補填をする等、移行措置も考えておいた方が良いでしょう。

他の方法として、例えば月例給与は比較的生活給の要素が強いので固定的に扱い、業績による変動部分は賞与名目で半期毎に支払う、というような会社は多いと思います。

いずれにしても今の段階からきちんと社内の仕組みを作ろうという事は、大変素晴らしいと思います。いろいろ研究して自社に合った制度を作られると良いと思います。

評価制度
制度
給与
評価

回答専門家

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
(東京都 / 経営コンサルタント)
ユニティ・サポート 代表
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

小笠原 隆夫が提供する商品・サービス

対面相談

【無料】250名以下の企業限定:社員ヒアリングによる組織診断

中小法人限定で当事者には気づきづらい組織課題を社員ヒアリングで診断。自社の組織改善に活かして下さい。

対面相談

【対面】「活気がない」「やる気が出ない」職場活性化を考える

当事者では気づきづらい組織風土の問題をアドバイス。同テーマ商品の対面相談版です。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

給与体系の改定について blueroseさん  2010-08-31 16:16 回答1件
在宅勤務について hiromingoさん  2012-07-23 17:57 回答1件
会社の制度変更への対応 しんかつさん  2014-02-17 14:21 回答1件
定年及び定年後の継続雇用について kumakuma02さん  2010-11-24 12:53 回答1件
やる気のない社員の解雇について なんばりんぐさん  2009-12-05 18:55 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

セミナー

リーダー育成研修 ただ聴くだけの研修なんかじゃない!

考えて行動するリーダーのための考えて 行動する研修

丸本 敏久

株式会社メンタル・パワー・サポート

丸本 敏久

(心理カウンセラー)

セミナー

考える社員を育てる 新入社員研修

社会人マナーと 実践に向けて考えて行動する社員研修

丸本 敏久

株式会社メンタル・パワー・サポート

丸本 敏久

(心理カウンセラー)

電話相談 無料電話相談10分(初めて、弊社をご利用になる方限定)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
その他サービス コンサルティング・アドバイザリー (Aタイプ)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)