過去の事例で回答させて頂きます。 - 坂井 利行 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:夫婦問題

過去の事例で回答させて頂きます。

2019/02/04 20:23
(
5.0
)

初めまして、法律家ではなく探偵業を営んでいる坂井と申します。

勤務先や家族構成につきましては必要御座いません。
先の先生がおっしゃられているように、差押えなどが必要になった時に勤務先が必要になることはあります。家族構成につきましては、必要な際は、探偵ではなく担当の弁護士さんが住民票で確認して頂けますので、今現在は必要ないと思います。

基本的に当社をご利用頂いたお客様は、弁護士の先生に示談などをお願いする際に探偵社で使った調査費用も解決金として示談金額に上乗せして交渉して貰っております。
これは個人間の示談交渉でも当然可能です。
理由としては、不倫の事実を知るため(自分の権利を守るため)に必要な経費であったためです。
二人が不倫をしていなければ、この経費(調査費用)は必要なかった訳ですから!加害者に負担して頂いて全く問題御座いません。

既婚者と知らなかったにつきましては、奥様と知り合った経緯によってくるかと思います。
仕事などで知り合った場合、知りえる状況にあったと思う環境であれば、言い訳は通用しません。
最近多いのがネットで知り合い、奥様が独身と嘘をついて男性と会っていた場合です。これは少し難しいと思います。両者の知り合った経緯や環境は人それぞれですので、この場でハッキリとお答え出来ず申し訳御座いません。

以上となります。参考になれば幸いです。

調査費用
解決金
探偵
弁護士
不倫

評価・お礼

ツーリング さん

2019/02/04 20:40

大変貴重なアドバイスを頂き、誠に有難うございます。
よく分かりました。
知り合った経緯が、職場ではないと思われ、これがネックで難しいのですが、ひょっとすると関係は複数回あるかもしれません。
今後、弁護士の先生とよく相談したいと思います。
助かりました。有難うございました。

回答専門家

坂井 利行
坂井 利行
( 神奈川県 / 防犯アドバイザー )
プライベート・シャドー 代表
0466-83-1011
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

探偵・調査業務の経験から各種解決策をご提案させて頂きます。

職業柄、浮気調査等のご相談を数多く手掛け不貞行為等による離婚問題の相談を得意としております。また、ストーカー事案・詐欺案件や盗聴盗撮問題などの分野の依頼も多く手掛けた経験より防犯分野もお任せ下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

不貞相手への慰謝料請求で

恋愛・男女関係 夫婦問題 2019/02/04 08:45

妻と不貞をした相手男性へ、慰謝料請求もしくは示談を検討中です。
相手の住所氏名までは既に判明してますが、勤務先や家族構成まで調べておいた方がよいですか。
ただ、不貞の証拠は探偵報告書があります… [続きを読む]

ツーリングさん (埼玉県/51歳/男性)

このQ&Aの回答

ご回答 岡田 晃朝(弁護士) 2019/02/04 08:53

このQ&Aに類似したQ&A

不倫の和解後に再度不貞行為に及んだ場合 エママさん  2018-10-07 20:12 回答1件
和解書に記載する違約事項について chicaさん  2016-08-04 01:03 回答1件
昨年と今年の不貞証拠について サラメシさん  2015-12-18 23:38 回答1件
裁判離婚について サラメシさん  2016-02-28 09:53 回答1件
不貞夫からの離婚請求について サラメシさん  2015-12-14 21:35 回答1件