住まいと資産運用について - 辻畑 憲男 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:お金と資産の運用

辻畑 憲男 専門家

辻畑 憲男
ファイナンシャルプランナー

- good

住まいと資産運用について

2018/11/14 10:14

はじめまして。
株式会社FPソリューションの辻畑と申します。

本来ならばいろいろお聞きしての判断になってくるのですが、抽象的になってしまうと思いますがお答えさせていただきます。
まず、住まいについてですが、現状の預貯金額から考えると賃貸でも購入されてもどちらでもいいと思います。お金面から言うと経済情勢によりどちらが得なのかが変わってきます。
よって、どちらが快適な暮らしができるのかを考えましょう。特に退職後にどのような生活をしたいのか、どこに住みたいのかにより判断が変わってきます。
例えば、会社に勤めているときには通勤を重視してその近くですみ、老後は別の場所で住みたい場合には、勤めているときには賃貸で暮らし、退職後住宅を購入するのも一つでしょう。
または、退職後も同じ場所で暮らすつもりであるのならば、気に入ったマンションが見つかれば購入されてもいいかと思います。
築15年のマンションについてですが、そこの管理状況をよく確認しましょう。特に修繕積立金計画表と現状の貯蓄額(滞納がどのくらいあるか)、修繕計画などです。
中古マンションは修繕積立金の積立額が価値になってきます。
また、現地を見学する場合には共用部分の管理状況も確認しましょう。住人のマンションに対する管理意識が高いか低いかによりかなり違ってきます。
また、立地も重要です(売却しやすい場所かどうか)。古くなっても魅力のある場所かどうかです。

idecoと積立NISAでの運用についてですが、月々購入するのでリスクは低減されます。もちろんリターンについても低減されます。やってほっとくのではなく、経済についてチェックしていくのであれば、今の円預金現状から考えるとおすすめです。
ただ、まずは今後のライフプランを考えましょう。老後にいくらぐらい必要なのか、そして、そのお金はいくらぐらい用意したらいいのか検討です。その貯蓄目標(何パーセントで運用しないといけないのか)により運用先が変わってきます。
将来の暮らしを考え検討してみてください。

老後
中古マンション
資産運用
暮らし
ライフプラン

回答専門家

辻畑 憲男
辻畑 憲男
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社FPソリューション
03-3523-2855
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

住宅と保険。自らの経験を活かしたライフプランをご提案します

「豊かに楽しく暮らす」をテーマに、夢、ライフプランを考えながら、お金のみならず人生全般の応援をしていきたいと考えています。一生に一度の人生です。常に楽しく暮らして行きたいものですね。そんなことを考えながら皆様とお付き合いしていきます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

独身女性の住まいと資産運用について

マネー お金と資産の運用 2018/11/13 14:33

年収300万程度の正社員で60歳定年、退職金無しの
中小企業に勤めています。

両親は他界しており一人暮らしで、家賃等かかっていませんが
諸事情により今後ここを出て住まいが無くなります。… [続きを読む]

spec-holderさん (静岡県/52歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

繰り上げ返済か分散投資か? 翔子さん  2015-01-27 13:51 回答3件
老後の資金をためるための、見直しについて 春25さん  2017-11-10 21:57 回答1件
お金と資産運用・投資 なやみますよさん  2016-08-03 14:43 回答2件
これからの資産運用について となかいさん  2015-10-16 16:34 回答2件