「売掛金」の専門家コラム - 検索結果一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「売掛金」を含むコラム・事例

169件が該当しました

169件中 1~50件目

電子債券市場

おはようございます、今日は日本最低気温の日です。 旭川、また行きたいなぁ・・・   フィンテックについてお話しをしています。 金融の本丸、融資制度について簡単に。   債権を買い取るような形で現金化を図る動きは、随分と前から始まっています。 その一環として、債権に電子的な情報を付加して流通させよう、という話もあります。 いわゆる「電子債券(債権)市場」という動きです。   私自...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

融資先の多様化

おはようございます、今日は法律扶助の日です。 上手に活用したいものです。   フィンテックについてお話しをしています。 スマホやタブレットを決済端末に利用する件について触れました。   先進的なサービスは常に産まれ続けていますが、ここではもう一つ面白いものを。 まさに金融の本丸、融資制度について出てきた新しい動きです。   これまで、融資(借入)による資金調達と言えば銀行や信金な...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

日経記事;『政府統計、ITで精度向上 法人、会計ソフト連動 家計、ネット価格反映』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバルビジネスマッチングアドバイザー 山本 雅暁です。 12月3日付の日経新聞に、『政府統計、ITで精度向上 法人、会計ソフト連動 家計、ネット価格反映』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『内閣府が検討している経済統計の改善案が分かった。国内総生産(GDP)の設備投資の推計に使う法人企業...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

全体と部分のバランス

おはようございます、今日はマッチの日です。 香りは好きなんですけどね。   経営者と身体能力についてお話をしています。 物事は安易に分割してはいけない、ということを考えています。   もちろん、何でもかんでも一緒くたにしてしまうのも危険です。 実際に私も税理士としてお客様とお話をする際、何かしらのポイントを特定させてお話をしています。 ・借入金の返済が早過ぎるかも ・売掛金の回収...(続きを読む

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)
2016/09/16 07:00

毎月支払うサービスとクレジットカードの恐ろしさ

現金派の人は ローンや 月賦を嫌います。 おそらく 目で見て確かめる範囲を 超えているからなのかな~ と考えます。 情報社会は お金もバーチャルに なる時代です。 イメージ クレジットカードや ネット通販の 活用に近いですが、 ここがちょっと 恐ろしいところ。 ライフラインの日々の ことや サプリメントや 健康食の 毎月の支払いを 見えない何かが 継続する 「キー」になってい...(続きを読む

村本 睦戸
村本 睦戸
(ITコンサルタント)
2016/01/13 08:30

銀行に頼らない資金調達「売掛債権担保融資」

売掛金自体はほとんどの企業で発生していると思いますので、銀行などからの資金調達が難しいときに取り組みやすい資金調達です。 ただし、売掛金担保融資は次の点でなかなか使えないという現状があります。 ・契約書などに譲渡禁止条項がある場合 ・かつ、継続的な取引がある取引先が10社はあること ・売掛先に売掛債権を担保にすることを承諾してもらう必要がある 大手の企業が取引先の場合は、基本的に譲渡禁止...(続きを読む

竹内 大涼
竹内 大涼
(資金調達コンサルタント)
2015/11/06 23:22

2014年世界株式市場・騰落率ランキング、2015年ABCD予測

不安定な滑り出しとなった2015年の株式市場。 まず2014年の主要市場を改めて振り返ると、以下の通りでした。 ■2014年における主要市場の年間騰落率 (01) 52.9% 中国 (02) 29.9% インド (03) 22.3% インドネシア (04)  7.6% 南アフリカ (05)  7.5% アメリカ (06)  7.1% 日本 (07)  2.7% ドイツ (08)  0.7% オー...(続きを読む

堀池 泰
堀池 泰
(保険アドバイザー)

数字の苦手な経営幹部が押さえておきたい「会社のお金」(2)

「会社のお金」の診断書の数字があまり理解できずに、何とかしなければと悩んでいる経営幹部のために色々な会計や財務の本が出ていますが、どれも専門的で難しいですよね。そのような方のために比較的分かりやすく使いやすい視点をいくつかピックアップしてお伝えします。■会社の倒産は短期の負債の返済不能が原因?中小企業で一般的に多い倒産原因は短期的な負債を返済できないことです。そこで見るべき数字は、「流動比率」また...(続きを読む

本森 幸次
本森 幸次
(営業コンサルタント)

社長!このクイズの答えが1分以内に分かりますか?(Q11)

Q.兵庫株式会社の必要運転資金はいくらか? 兵庫株式会社の本年度B/S(単位:千円)(年商  12,000,000)現金預金  1,000,000売掛金  3,000,000棚卸資産  2,000,000固定資産  7,000,000  資産総額  13,000,000買掛金  2,000,000借入金  5,000,000  負債総額  7,000,000資本金  4,000,000剰余金  2...(続きを読む

本森 幸次
本森 幸次
(営業コンサルタント)

銀行対策.comのホームページを更新!メルマガ・バックナンバーを登録

銀行対策.com 中小企業の資金繰り計画をアドバイスする、コンサルタントの渕本です。 おはようございます! 銀行対策.comのホームページを更新して、メルマガ・バックナンバーを登録しました。 ⇒ 売掛金担保融資を利用できるケースについて 中小企業の資金繰り改善策 また、銀行対策.comのメルマガ・バックナンバーの一覧も、新たなページを追加しております。 ⇒ 運転資金の借入相...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)
2014/08/26 09:07

売掛債権の回収は、資金繰り改善のため営業と同じくらい力を入れてください。

売掛債権の回収は、資金繰り改善のため営業と同じくらい力を入れてください! 中小企業の資金繰り改善改善をサポートする、コンサルタントの渕本です。 月末が近くなってきていますが。。。 今月の売掛金の回収・入金は、大丈夫でしょうか? 売掛債権の回収が遅れている先には、ちゃんと対応をしていますか? 売掛債権の回収(債権回収)は、資金繰り改善のために、営業と同じくらい力を入れてくださいね!...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)
2014/08/22 12:38

中小会計要領~各論その4

今日から「中小企業の会計に関する基本要領」の個別項目にはいっていきたいと思います。 まずは、「1. 収益、費用の基本的な会計処理」です。 改めて本文を抜き出します。 (1) 収益は、原則として、製品、商品の販売又はサービスの提供を行い、かつ、 これに対する現金及び預金、売掛金、受取手形等を取得した時に計上する。 (2) 費用は、原則として、費用の発生原因となる取引が発生し...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)
2014/07/24 09:05

中小会計要領~各論その1

今日は中小会計要領の各論の本文を抜き出して記載します。 今日は、1.収益、費用の基本的な会計処理から5.有価証券まで Ⅱ 各論 1. 収益、費用の基本的な会計処理 (1) 収益は、原則として、製品、商品の販売又はサービスの提供を行い、かつ、 これに対する現金及び預金、売掛金、受取手形等を取得した時に計上する。 (2) 費用は、原則として、費用の発生原因と...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)
2014/07/17 09:38

月次決算の重要性について

今日は月次決算の重要性について述べたいと思います。  月次においてもなぜ売掛金や買掛金を計上しなければならないのでしょうか?  なぜ、在庫を月次で洗い替える必要があるのでしょうか?  なぜ、月次で減価償却費を計上する必要があるのでしょうか?  それは期中においては会社の年度決算の利益を予想するために必要なことです。  そして、売掛金や買掛金の増減のインパクトは、決算のために年...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)
2014/07/07 08:40

販売管理について

 商売はものを売り、もしくはサービスを提供し、取引先に請求し、債権を回収して取引が成立します。 ものを売る、もしくはサービスを提供した時点で、一般的に取引先からお金をもらうことができるようになるので、会計としては売上を計上することになります。  売上は、お金が入ってきた時ではなく、ものを売り、サービスを提供した時点で成立するのは、一般的にお金が確実に入ってくるのが約束されるためです。 し...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)
2014/07/04 08:42

Blog201404、倒産法

Blog201404、倒産法 ・特定調停手続規則 ・『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 特定調停手続規則(平成一二年一月二○日最高裁判所規則第二号) 第1条(特定調停の申立て・法第三条) 第2条(財産の状況を示すべき明細書等・法第三条) 第3条(民事執行手続の停止・法第七条) 第4条(相手方が提出すべき書面等・法第十条) 第5条(当事者に対す...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/28 02:50

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院

『新・裁判実務体系21 会社更生法・民事再生法』青林書院 2005年、本文約520頁。 会社更生法については、22項目、約278頁、金融機関更生特例法については、1項目である。合計約286頁である。会社更生法に関する論考が、本全体の約55%を占めている。 民事再生法に関しては、19項目、約234頁である。 上記書籍の会社更生法のうち、以下の部分を読みました。 Ⅰ 会社更生法 「1 ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)
2014/04/09 17:37

日経記事;『攻めの借金、事業拡大 有利子負債1割増、デフレ経営脱却』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 3月16日付の日経新聞に、『攻めの借金、事業拡大 有利子負債1割増、デフレ経営脱却』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『上場企業が、借入金や社債などの有利子負債を増やしている。3月期決算企業の有利子負債総額は昨年12月...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

日経記事;『ネット通販、後払いで ヤマトが立て替え 商品確認後、返品も容易に』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 1月12日付の日経新聞に、『ネット通販、後払いで ヤマトが立て替え 商品確認後、返品も容易に』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『ヤマトホールディングス(HD)はインターネット通販の利用者が、受け取った商品を確認後に代...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

日経記事;『中小企業,過度に延命 円滑化法終了後も続く返済猶予 廃業/事業転換支援が重要に』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 12月30日付の日経新聞に、『中小企業,過度に延命 円滑化法終了後も続く返済猶予 廃業/事業転換支援が重要に』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『銀行が返済期日の延期など中小企業の貸し出し条件を変更する件数が高止まりし...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

日経記事;『中小 再挑戦しやすく 政府新指針 私的整理時、私財一部残す 企業の新陳代謝促進』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 12月1日付の日経新聞に、『中小 再挑戦しやすく 政府新指針 私的整理時、私財一部残す 企業の新陳代謝促進』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『政府は、業績が悪化した中小企業の経営者が転業したり再び起業したりしやすくす...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

飲食店で運転資金は借入できるのでしょうか?(資金調達コンサルタント)

元銀行員の資金調達・銀行借入対策コンサルタントの渕本です。 飲食店を経営されている方から、 ■ 飲食店では、あまり運転資金が借入できないと聞きます ■ 飲食店で、運転資金は借入できるのでしょうか? という、銀行借入の資金調達の相談があります。 確かに、飲食店では、 仕入(買掛金) ⇒ 在庫 ⇒ 売上(売掛金) ⇒ 売上入金(売掛金回収) という、資金ギャップが、ほとんど無いので...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)

「素住-SUSU- No.19に掲載されました」

 「素住-SUSU-」No.19 キッチン特集号で掲載されました。  勿論広告ではなく、取材記事4ページです。  キッチンを中心にした家のノコトとekreaブラックフレームキッチン、ekreaパーツ「人工大理石カラーシンク」まで多くのページに記事紹介されていて、本当に有難いことですね。  さて、全く話が違いますが、つい先日、聞き覚えのない会社からへんてこなFAXが送られてきました。  内容は...(続きを読む

清水 康弘
清水 康弘
(工務店)
2013/10/17 16:30

日経記事;『製品担保に成長資金 土地に頼らぬ調達に道』に関する考察

皆様、 おはようございます。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 10月14日付の日経新聞に、『製品担保に成長資金 土地に頼らぬ調達に道』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『自社製品の在庫などを担保に資金を調達する中小企業が増え始めた。独自性や競争力など製品の価値を金融機関に評価し...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

仕訳を切る

帳簿をつけられるよう初期指導を行うこと。 これは、税理士業務の基本でしょう。 上がってきた試算表をチェックしていたら、 売上より製造原価が大きく、粗利の段階でマイナス。 B/Sを見ると売掛金がマイナスになっているところがありまいた。 早速、電話。 最近、何を始めたんですか? 建設関係ですけど・・・ その場合は・・・ 簡単に説明した後、近いうちに...(続きを読む

林 高宏
林 高宏
(税理士)

増井良啓「租税法入門(11) 費用控除(3)」

増井良啓「租税法入門(11) 費用控除(3)」 法学教室連載 (譲渡所得) 第33条  譲渡所得とは、資産の譲渡(建物又は構築物の所有を目的とする地上権又は賃借権の設定その他契約により他人に土地を長期間使用させる行為で政令で定めるものを含む。)による所得をいう。 2  次に掲げる所得は、譲渡所得に含まれないものとする。 一  たな卸資産(これに準ずる資産として政令で定めるものを含む。)の譲...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

増井良啓「租税法入門(10) 費用控除(2)」

増井良啓「租税法入門(10) 費用控除(2)」 法学教室連載 必要経費、所得税法37条1項  (必要経費) 第37条 1項  その年分の不動産所得の金額、事業所得の金額、雑所得の金額 (事業所得・雑所得の金額のうち山林の伐採・譲渡に係るもの、雑所得の金額のうち第35条第3項(公的年金等の定義)に規定する公的年金等に係るものを除く。) の計算上必要経費に算入すべき金額は、 別段の定めがあるものを...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

法学教室2013年3月号、倒産法

法学教室 2013年 03月号 [雑誌]/有斐閣 ¥1,500 Amazon.co.jp 法学教室2013年3月号、倒産法 「倒産法と判例」と題して特集が組まれている。 佐藤「倒産手続における留置権―商事留置手形」 銀行等が生じ留置権に基づいて手形を手形交換所に回して、破産者に対する債権回収をし、優先弁済を受けることができる(最高裁平成10・7・14)。民事再生法においても、同様であ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

近時の注目すべき株主代表訴訟事件

アパマン株主代表訴訟事件(最高裁平成22・7・15裁判集民事 第234号225頁)について. 不動産賃貸あっせんのフランチャイズ事業等を展開するA社が,事業再編計画の一環としてB社を完全子会社とする目的で同社の株式を任意の合意に基づき買い取る場合において,次の(1)~(3)など判示の事情の下では,株式交換に備えて算定された上記株式の評価額が1株当たり6561円ないし1万9090円であったとしても...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

ビジネス法務2010年11月号、会社法・金融商品取引法

ビジネス法務 2010年 11月号 [雑誌]/中央経済社 ¥1,500 Amazon.co.jp ビジネス法務2010年11月号、会社法・金融商品取引法 「実務を変えた!最新ビジネス判例30選」と題して特集が組まれている。 大塚和成ほか「会社法・金融商品取引法」について、最新ビジネス判例を取り上げ、アパマン株主代表訴訟事件(最高裁平成22・7・15裁判集民事 第234号225頁)について...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

ABLで、新たな融資制度の取扱いを開始(栃木銀行:宇都宮市)

元銀行融資審査役職者が、中小企業のお役に立つ情報を配信中! 銀行融資取引対策・資金調達コンサルタントの渕本です。 ABLでの新たな融資制度の取扱い事例をご紹介します。 【 ABLとは? 】 動産担保融資のこと。 企業が保有する、動産(商品や製品などの棚卸資産、機械などの動産)や債権(売掛金など)を担保として融資する方法。 ⇒ 栃木銀行が、ABLで新たな融資制度の取扱いを開始...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)

労働者性の論点、その1

「労働者」性の論点    労働契約(労働基準法9条、労働契約法2条1項)は、民法621条の「雇用」とほぼ同義であり、以下の特徴がある。 ① 使用者の指揮監督下において ② 労務を提供して(労務の提供自体が債務の内容(手段債務)であり、仕事の完成(請負)や事務処理そのもの(準委任)とは異なる。) ③ 賃金(対価)を得る   このように、使用者に対する従属性という特性がある。 ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

クライアントの連鎖倒産

昨年末頃に仕事を依頼されたクライアントが、他社に資金援助したことがきっかけで連鎖倒産のような形で民事再生を申請しました。 アベノミックスで企業の業績が向上することが予想されるだけに、何とか民事再生で復活して欲しいと考えています。 特許事務所が仕事が増えて一見うまく行っているように見えても、クライアント企業が倒産したりすると、特許事務所も売掛金が回収できず、その分損失が出てしまいます。 今回の...(続きを読む

大平 和幸
大平 和幸
(弁理士)

第5 株価対策

第5 株価対策 1 株式評価引下げ策  先に述べた自社株の評価方法である類似業種比準価額と純資産価額を引き下げる方法について説明します。 (1) 類似業種比準価額の引下げ  類似業種比準方式は、1株あたりの配当、利益および純資産の各金額について上場の類似業種との対比により評価します。そこで、株式評価を引下げるためには、各要素を引下げることとなります。 ① 配当の引下げ ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

資金繰りをよくするため、勇気を出して!

足元の試算表を見てください。 資産の部で、 営業上 売った代金の未回収分 売掛金や 誰かに貸し付けた貸付金や その他 未収金とか計上されてませんか? 自社の資金繰りをよくするために 本気で回収しにいきましょう。 中小企業のオーナー社長は 人の...(続きを読む

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント)

日経記事;『電子商取引1兆ドル市場,米企業が争奪イーベイ 取扱高7割増 グーグル即日配送開始』に関する考察

皆様、 こんにちは。 グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 4月5日付の日経新聞に、『電子商取引1兆ドル市場,米企業が争奪イーベイ 取扱高7割増 グーグル即日配送開始』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。   『米国企業の間で電子商取引を巡る競争が激化している。同分野大手のイーベイは今後3年...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

「中小会計指針」各論~その3~

今日は「中小会計指針」の各論の解説の続きです。   今回は、「貸倒損失・貸倒引当金」の続きです。 今回は、主に貸倒損失について解説していきます。   まずは貸倒損失に関して「中小会計指針」の本文では次のように記載しています。   ・受取手形や売掛金等の債権が法的に消滅した場合のほか、回収不能な債権がある場合は、その金額を貸倒損失として計上しなければならない。   ここで、...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

「中小会計指針」各論~その2~

今日は「中小会計指針」の各論の解説の続きです。   各論の最初は、「貸倒損失・貸倒引当金」です。 「貸倒損失・貸倒引当金」は、17.貸倒損失、18.貸倒引当金の2つの項目から構成されています。   「貸倒損失・貸倒引当金」の本文をあらためて掲載させて頂きます。   ・受取手形や売掛金等の債権が法的に消滅した場合のほか、回収不能な債権がある場合は、その金額を貸倒損失として計上し...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

「中小会計指針」各論~その1~

今日から「中小会計指針」の各論の解説にはいってきます。   各論の最初は、「金銭債権」です。 「金銭債権」は、10.金銭債権の定義、11.貸借対照表価額、12.取得価額と債権金額とが異なる場合の処理、13.時価評価、14.金銭債権の譲渡、15.貸借対照表上の表示、16.デリバティブの7つの項目から構成されています。   「金銭債権」の本文をあらためて掲載させて頂きます。   ...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

「中小会計指針」~その3~

今日も引き続き、「中小会計指針」の本文の抜き出しです。 今日は「各論」の本文の抜き出しです。 「金銭債権」「貸倒損失・貸倒引当金」「有価証券」「棚卸資産」「経過勘定等」の項目の本文の抜き出しを行います。   【各 論】 金銭債権 ・金銭債権とは、金銭の給付を目的とする債権をいい、これには、預金、受取手形、売掛金、貸付金等が含まれる。 ・金銭債権には、その取得価額を付す。 ・...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

決算に向けての準備~将来型はこうする(23)

こんにちは。 将来型会計事務所LBA 公認会計士・税理士の岸井幸生です。   寒暖交錯している毎日ですが、少しずつ「暖」の割合が増えてきましたね。春は着実に近づいています。   今月末は決算日という会社が多いのは我が国の企業の特徴です。将来型会計事務所のクライアントさんも3月決算会社が一番多いです。   さて、決算といっても、実際に実務が動き出すのは翌月、つまり3月が終わり来期に入っ...(続きを読む

岸井 幸生
岸井 幸生
(公認会計士)

事業承継と株式に関する税金

第7章 事業承継と株式に関する税金 第1 株式等の評価単位 1 取得財産の価額の評価  相続,遺贈又は贈与により取得した財産の価額は,原則として当該財産の取得の時における時価によります(相続税法22条)。そのうち株式及び株式に関する権利の価額は,それらの銘柄の異なるごとに,財産評価基本通達の定める次に掲げる区分に従い,その1株又は1個ごとに評価します(財産評価基本通達168) (1)上場株式 ...(続きを読む

村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

金融円滑化法(モラトリアム法)が終了した後のリスケはどうなるのか?

平成25年3月31日で「中小企業の資金繰り」に大きく貢献した中小企業金融円滑化法(モラトリアム法)が終了することになっています。 すでにニュース等で報道されていますが、中小企業の経営者にとっては大変関心の高い問題であると思います。 報道では、「平成25年3月21日で金融円滑化法が終了!」「円滑化法対象債権の中には不良債権予備軍が多く、倒産が増えることは必死!」などと騒いでいます。 中小企業金...(続きを読む

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)

「中小会計要領」~各論その12~

今回も「中小会計要領」の各論の解説の続きです。 今回は、「12.外貨建取引等」を取り上げます。   まずは、本文の抜き出しからです。 (1)外貨建取引(外国通貨建で受け払いされる取引)は、当該取引発生時の為替相場による円換算額で計上する。 (2)外貨建金銭債権債務については、取得時の為替相場又は決算時の為替相場による円換算額で計上する。   外貨建取引とは、決済が円以外の外国...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

ABL(動産・売掛金担保融資)の利用について

ABL(動産・売掛金担保融資)の利用について 元銀行員の融資取引対策・資金調達コンサルタントの渕本です。 本日は、 ABL(動産・売掛金担保融資)の利用について メルマガを書いて、配信しました! 銀行融資取引対策・資金調達コンサルタントのメルマガに、登録していない方へ こちら ⇒ http://ginko-taisaku.com/consul_blog/archives/18...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)

「中小会計要領」~各論その3~

今日も引き続き「中小会計要領」の各論の解説の続きです。    今日は「3.金銭債権及び金銭債務」です。  まずは、本文から。   1.金銭債権は、原則として、取得価額で計上する。 2.金銭債務は、原則として、債務額で計上する。 3.受取手形割引額及び受取手形裏書譲渡額は、貸借対照表の注記とする。   金銭債権及び金銭債務については、昨日の「2.資産、負債の基本的な会計処理...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

ABL(動産・売掛金担保融資)について(銀行融資対策)

ABL(動産・売掛金担保融資)について(銀行融資対策) 元銀行員の銀行融資対策・資金繰りコンサルタントの渕本です。 本日は、これから、明日配信のメルマガを書く予定です。 テーマは、先日、金融庁からプレスリリースされた 「ABL(動産・売掛金担保融資)の積極的活用について」 に関することです。 【 銀行融資対策コンサルタントのメルマガ 】 ==================...(続きを読む

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(資金調達コンサルタント)

債権回収はどのようにすればいいのか

長年に渡る不況が続いていることもあり、どこの企業も資金繰りが難しくなってきたのでしょうか、「商品を納めたのに買主が代金を支払ってくれない」、「工事を請負ったのだけど、注文者が代金を支払ってくれない」などという債権回収のトラブルが多く発生しています。いくら支払いを強く迫ったところで、開き直られてしまえば効果的な回収を図ることはできません。その場合には、弁護士を介入させることにより、債権回収を図ること...(続きを読む

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)

「中小会計要領」~各論その1~

今日から、「中小会計要領」の各論の解説に入っていきます。   まずは、「1.収益、費用の基本的会計処理」からです。   本文を改めて抜き出します。   1. 収益、費用の基本的な会計処理 (1)収益は、原則として、製品、商品の販売又はサービスの提供を行い、かつ、 これに対する現金及び預金、売掛金、受取手形等を取得した時に計上する。 (2)費用は、原則として、費用の発生原因と...(続きを読む

山本 憲宏
山本 憲宏
(公認会計士)

日経記事;『米ネット大手「越境」激化 フェイスブック,検索本格化 グーグル,スマホ 音楽配信』に関する考察

皆様、 こんにちは。グローバル・ビジネスマッチング・アドバイザー 山本 雅暁です。 2月1日付の日経新聞に、『米ネット大手「越境」激化 フェイスブック,検索本格化 グーグル,スマホ 音楽配信』のタイトルで記事が掲載されました。 本日は、この記事に関して考えを述べます。 記事の主な内容は以下の通りです。 『米インターネット・IT(情報技術)大手の間で、ライバル企業の得意分野に攻め入る動きが目...(続きを読む

山本 雅暁
山本 雅暁
(経営コンサルタント)

169件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索