凍結するスロープ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

凍結するスロープ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
今年は、関東地方も雪がよく降りますね。

子供たちは雪遊びに大喜びですが、お年寄りや障害者には厄介な雪と言えます。

普段、便利なバリアフリーのスロープも凍結により転倒事故の原因に。。

車いす使用の方も、ブレーキが効かず補助者がついても共に滑ってしまいます。

雪が積もったときは雪かきは有効ですが、凍結路面はお湯などかけても意味がありません。

そんなとき活躍するのが「融雪剤」(塩化カルシウム)です。

高速道路などにもよく使用されてますが結構効き目があるのでオススメです。

注意点は金属などを腐食させる恐れがありますので、玄関ドアや屋外てすりなどにはかからないようにしましょう。

雪国によく見られる消雪パイプも魅力的ですが(^^)

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭でも、玄関ポーチからの階段は滑りやすいので気をつけましょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)