住む地域の選び方 2 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住む地域の選び方 2

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
前回は変った視点から住まいの場所を選ぶポイントを挙げてみました。

参考
http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/23756

さて写真は私がゼネコン勤務時代に携わった「幕張新都心」のマンションです。
メゾネットタイプの住戸を二世帯住宅としたり、バリアフリーのコンセプトが用いられたり当時最新の考え方が導入されてました。

当時はこの棟を含め計6棟が同時に建設されました。

建物と住環境が調和するようルールが設けられ
・通りの電柱関連は埋設され、ゴミはシューターで送られる(屋外にゴミ置き場がない)
・中庭を設け建物はロの字型とし、高さ制限を設ける
・1階には店舗など商業施設や駐車場スペースとし、住居は2階より上 などといった様々な制約がありました。現在では高層棟や学校施設ほかひとつの大きな街となっています。

このように大規模な開発地域の中に住むのもこれからの選択肢にいれてもいいのではないでしょうか。

少し前までは、神奈川の戸塚周辺が大規模開発されてましたし、今後注目されているのは埼玉の三郷周辺の「レイクタウン」かもしれません。

高級住宅地の高い土地を手に入れても建物にお金がかけられないよりは、最新の整備された土地(地域)に思い描いた住宅を建てるのもいいかもしれませんね(^^)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)