杉花粉(花粉症)と室内環境 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

杉花粉(花粉症)と室内環境

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
安心住まいのキーポイント
今年も嫌な季節がやってきました。。 杉花粉症の私にとっては外出先から帰ってきたときの「花粉処理方法」によっては室内でも「くしゃみ」の連続です。

昨年のこの時期にも同様のコラムを書きましたが、今年は昨年の3倍の飛散量(私にとっては悲惨量!?)とのこと。。。アレルギー体質がひどくならないように早めの対処(薬の飲用など)が大切です。

参考 http://profile.ne.jp/ask/column_detail.php/10376

24時間換気システムがあるお宅は、シーズン前にきれいなフィルターに交換しましょう。
一般のご家庭でも、換気レジスターにフィルターを装着するのは効果的です(^^)

帰宅時、衣類にも花粉がついているので、玄関先で叩いて入ったり、「リセッシュ」などのスプレーで花粉をコーティングしてしまうことや、洗濯時に「レノア」などの柔軟剤で花粉を付きにくくすることも有効なようです。

参考コラムにも登場した「空気清浄機」も花粉モードがあり、玄関に置くと効果が発揮されますが、24時間換気システムがあるお宅では「気流」の流れ・方向を妨げてしまう場合があるので注意が必要です。

雨が降った翌日は特に飛散量が多くなりますので、洗濯物や布団を干して取り込まれる際は「マスク」の着用と花粉落としをお忘れなく。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「安心住まいのキーポイント」のコラム

マンションの盲点(2012/03/23 23:03)

狭小住宅の採光と照明 3(2009/09/29 20:09)

狭小住宅の採光と照明 2(2009/09/28 21:09)

狭小住宅の採光と照明 1(2009/09/22 18:09)