米国、またもや追加利下げ実施!果たして効果は。。 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国、またもや追加利下げ実施!果たして効果は。。

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんばんは!

今日から早くも2月。
なんか、ついこの間「お正月」だったような気もしますが、“トキ”は刻々と経過していきます。

さて、アメリカが前回の利下げから1週間ほどしか経たないうちに、またまた0.5%の追加利下げに踏み切りました。

これで、政策金利であるFF金利は年3%となりました。

この約1週間で、1.25%の利下げです。

まぁ、それだけ今回のアメリカの景気減速の勢いが強いということではないかと思います。

しかしマーケットにおいては、すでに次の利下げも視野に入っています。

最終的な落ち着きどことして、年2−2.5%といった「読み」が大勢のようです。

しかしながら、今回のサブプライムに端を発した「信用収縮」と、「底の見えない含み損の顕在化」は、金利の引き下げだけでは防ぎようがない局面に来ています。

住宅着工も大幅に下落に転じる中、「底」を確認するにはまだまだ道のりは長いようです。


一方、日本も「対岸の火事」では、いられません。

大手邦銀も少なからずサブプライムによる損失が明るみに出て、企業業績を圧迫しています。

また、2月、そして3月からの物価上昇にみられるように、景気減速感の強い中、物価上昇という有り難くない動きとなっています。

要因は違いますが、日本もアメリカも今年一年が、「正念場」となりそうですね。


でも「国会のやりとり」を見ていると、不安なのは私だけではないと思いますが・・・


「がんばれニッポン!」思わず叫んでしまいます!

みんなで青旗振って、頑張るしかないようです。


さて、本日メルマガ発行予定です。

今日のテーマは「損切り」について、そして目玉は「豪ドル建 元本確保型ヘッジファンド」情報です。
http://www.mag2.com/m/0000121186.html

こちらも、ぜひ、お楽しみに!

では、良い週末を!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム