ヨガの個別アプローチの大切さ - ヨガ全般 - 専門家プロファイル

辻 良史
筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役
東京都
博士(体育科学)

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター)
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ヨガの個別アプローチの大切さ

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ヨガ全般
ヨガ

自律神経の反応パターンは、大きく4に分かれます。


当然、個々の体質に応じて、指導する呼吸法の内容も異なってきます。



それは、漢方同様、同じ症状でも体質によって処方する漢方薬が異なってくるのと同じです。



ですので、自律神経のバランスを整えたり、

ストレスに対する抵抗力を身につけるという目的の場合、


やはり、個別のアプローチが必要になってきます。



もちろん、ヨガも人間が作ってきたものですから完璧なシステムとはいえません。


伝統的に良い部分は残しつつも、新しくても良いもは、

積極的に取り入れていかないと当然、進化、発展はございません。



今のヨガが存在するのも、先人のヨガの行者さん達が、

トライ&エラーの精神で必死に取り組まれてきた結果だと思われます。


そう考えますと、ヨガも、今一度、未来に向かって進化発展していく必要性があると個人的に感じております。



- サイバー・ヨガ研究所 代表  辻 良史 -

このコラムに類似したコラム

武道専門誌『月刊 秘伝』取材&対談 in 禅道会! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2014/01/26 11:46)

ヨガ専門誌『Yogini(ヨギーニ)』vol.37 本日発売! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/09/21 16:57)

リラクセーションに最適な呼吸パターンは人によって異なる! 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/07/24 23:45)

科学的にリラックスする「呼吸法」 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/25 08:00)

★武道・武術専門誌「秘伝」(全国誌)の取材★ 辻 良史 - 博士(体育科学)(2013/06/04 06:52)