「実践!国際分散投資」その5 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「実践!国際分散投資」その5

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
海外ファンドで資産を作ろう!
(続き)

さらに、より「投資価値」を理解するために、先ほどのバブル期から現在に至る
平均投資収益率で見てみると、


およそ

日本    −2%
北米    10%
欧州地域   6%
新興地域  12%

となっています。



日本への投資が、圧倒的に“投資効率”が悪いことがわかるのではないでしょうか。


さて、ここで何が言いたいのか!?


一般的に、日本の年金などの運用比率は、国内株60−70%に対して、
外国株が30−40%程度の運用となっています。


しかし、上記の数値を見ても、それが“投資効率上”合理的でないのは、
明らかなことです。


これは、日本国内だけではなく、世界中のマーケットでも同じような傾向が
見られます。


つまり「自国のマーケットへの投資配分を多くしてしまう」、
このことを「ホームカントリー・バイアス」と呼びます。


自分の国の企業、しかも自国通貨で投資ができ、自国の繁栄につながる
可能性もある。。。


確かに、多く配分しやすくなるのは理解できます。


しかし、その“想い”は、必ずしも合理的な「投資配分」にはなっていない
という点を、よく考える必要があります。


どうでしょう!?

皆さんも、ご自身の「ポートフォリオ」や資金配分を一度再点検してみてください。

「日本」への投資比率が、高いことに気づくはずです。


しかしながら、「資産運用」や「国際分散投資」を、“投資効率”の観点から
合理的にみた場合、そのような配分が必ずしも正しくないことをご理解いただき
たいのです。



上記の国内外の株式・債券への単純な4分割の投資方法が、“幻想”で
あることが、より鮮明になったのではないでしょうか。

(続く)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「海外ファンドで資産を作ろう!」のコラム