回収までが営業活動~将来型はこうする(18) - リスクマネジメント・BCP - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
西野 泰広
西野 泰広
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

回収までが営業活動~将来型はこうする(18)

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 経営コンサルティング
  3. リスクマネジメント・BCP
将来型はこうする

事業活動でもっとも重要なことは、売上を上げることです。

仕入れたものや、自社のサービスを売ることができなければ事業の継続は立ち行かなくなります。


ここまでは、どんな事業主も知っていますし、強く意識するところです。

しかし、売上を上げることに全力を注いでしまう事業主もまた多く、代金回収がおろそかになっているケースが多いのです。


そんなことはないだろうと思うかもしれませんが、本当に多いのです。


各店舗の店長や営業所の所長の評価項目を考えてみてください。

目標売上に対する達成度が重要視され、回収に関してはほとんど考慮されていないのではないでしょうか?


言うまでもなく、回収しなければ売上なかったも同じで事業の継続はできません。

どちらかというと、回収できないなら売上ない方がまだましです。

売上は相手方に引き渡した時点(サービスを提供した時点)で計上されますから、

手元に現金がないのにもかかわらず、その分の税金が発生してしまうのです。


将来型会計事務所では、売上を確保することと同時に回収を強く意識してもらうよう働き掛けています。

上記の、拠点責任者の評価も「回収」を重視したものにするよう指摘しています。

払わない相手先に対して、その額や事情に応じて適切に対処する仕組みを構築してもらいます。


売上代金の回収までが営業活動であることを忘れずに事業を運営していきましょう!



事業の将来基盤を構築する「将来型」会計事務所LBA

公認会計士・税理士 岸井幸生

http://www.facebook.com/kaikeijimusyo (facebookページに「いいね!」をお願いします!)

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「将来型はこうする」のコラム

このコラムに類似したコラム

【ITベンダー営業力強化】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/08/30 09:39)

【ITベンダー営業力強化】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2016/03/24 09:49)

【ITベンダー営業力強化】無料経営相談会のお知らせ 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/12/02 08:47)

IT営業の基本 長谷川 進 - 経営コンサルタント(2015/10/06 09:57)