資金繰りはこうする~将来型はこうする(24) - コラム - 専門家プロファイル

LBA会計事務所 代表
東京都
公認会計士・税理士
03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

資金繰りはこうする~将来型はこうする(24)

- good

将来型はこうする

こんにちは。

将来型会計事務所LBA 公認会計士・税理士の岸井です。

 

さて、今回は資金繰りの話です。

 

勘定あって銭足らず

会社経営の世界には、利益が出ているのに倒産するという不思議な現象があります。黒字倒産とも呼ばれています。

なぜそのようなことが起こるのでしょう。

時間を追って考えると、答えは割と簡単です。

 

1月、会社はモノを作るために材料を仕入れます。月末で締めて翌月2月にその代金を払います。2月に頑張って製造します。

そして3月に作ったモノを売ります。これも月末締めの翌月4月に売上代金が入ってきます。

 

このように通常、仕入代金の支払いが先、売上代金の入金は後になります。

売上は計上されていますから、決算書上は黒字。でも資金カツカツで回していると、このタイムラグで資金が足りなくなります。この状況で払えなくて倒産することを「黒字倒産」といいます。

 

いつ足りなくなるか?

資金の確保は大変です。時間も労力も掛かります。足りなくなることをなるべく早めに察知するために、少なくともこの先3カ月間の見込み収入と支出をまとめましょう。

これが資金繰り表です。

一瞬でも資金残高がマイナスになっていると、それは支払えないことを意味しますので、対策をしなくてはなりません。

小手先の資金繰り対策よりも、まず、いつ足りなくなるかを正確に把握しましょう。

 

借りれば解決

足りない分の資金は金融機関から借りることが出来れば解決です。多くの企業では特別な投資をする時でなくても「運転資金」として借入を行っています。

でもすぐに借りてしまって大丈夫でしょうか。新たに利息の支払いが発生してしまいます。

 

まず資金繰りを改善できるか考える

資金が足りない原因はどれですか?

・売上代金回収までの期間が長い

・仕入代金支払いまでの期間が短い

・在庫が多い

・固定資産や投資が多い

原因の中にも解決できるものと出来ないものがあります。

出来るところを対策し、できないところは融資を検討しましょう。

 

どこに改善の余地があるか、分からない時はぜひ専門家の力を利用して下さい。お金は貸してくれないでしょうけど、資金繰りの良きアドバイスが出来ると思いますよ!

 

役に立ったなと思ったら以下もぜひよろしくお願いします!!

~~~~~FBもチェック!~いいね!~~~~~~~~~~~

将来型会計事務所LBAの「フェイスブックページ」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~趣発見プロジェクト「異種異趣」もチェック!~~~~~~

趣発見プロジェクト「異種異趣

異種異趣の「フェイスブックページ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
LBA会計事務所 代表

人とビジネスの幸せ最大化が使命です

クライアント様の幸せを常に考えています。単に税金計算をするだけの会計事務所ではありません。クライアント様の事業に興味をもって最適なアドバイスを行っていくことが一番の貢献です。

03-6272-6771
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「将来型はこうする」のコラム

このコラムに類似したコラム

将来型の今~LBAちらり3(仲間が増えました) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2014/07/11 15:13)

ミャンマーに行ってきます~将来型はこうする(28) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/10/08 12:00)

☆事務所移転のお知らせ☆ 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/08/19 08:00)

会社の仕組みをつくる~将来型はこうする(26) 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/07/12 08:00)

「会計人コース」に掲載されました! 岸井 幸生 - 公認会計士・税理士(2013/07/09 12:36)