ネット銀行の外貨預金の為替手数料 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

税理士法人 洛 代表
京都府
税理士
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ネット銀行の外貨預金の為替手数料

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
投資信託を活用した資産運用
ネット銀行の外貨預金の為替手数料は1米ドル、1ユーロ0.1円〜0.25円。
大手銀行の外貨預金は1米ドル1円、1ユーロ1.40円〜1.50円、大手証券会社の外貨MMFは1米ドル0.5円、1ユーロ0.75円〜0.8円に比べて有利。

為替手数料は往復(円を外貨に換える際と外貨を円に換える際)2回かかります。特にユーロ建てでは、受取額により影響を与えます。たとえば、イーバンク銀行は1万ユーロ(161万円)で往復2,000円、三井住友銀行では往復28,000円です。
ネット銀行の為替手数料が安いのは、顧客の注文を即座に市場につなぐことで銀行側が為替変動リスクを負わなくて済むため。大手銀行の場合、原則として取引レートを1日1回しか見直さないため、為替変動リスクに備えて手数料を手厚く設定しているようです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(京都府 / 税理士)
税理士法人 洛 代表

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「投資信託を活用した資産運用」のコラム