看護師、結婚後の再就職 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

藤原 純衛
転職コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
市村 光之
市村 光之
(キャリアカウンセラー)
宇江野 加子
(キャリアカウンセラー)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

看護師、結婚後の再就職

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般

前職での話しです。
事務職をしていた女性が結婚を期に退職しました。

このあとどうするのかを聞いたら「結婚してもしばらく時間があるので、昔から興味を持っていたお菓子つくりの専門学校に行く」とのこと。

 料理教室ではなくお菓子屋さんレベルの本格派に就学し、調理師資格を目指すのだそうです。

お菓子屋さんでも調理師資格を持っていると、「子育てが終わって再就職」のときでも断然有利になるとのこと。

 そこで職場で話題になったのが、まさに「出産後の再就職」です。
この場合「子育てが終わって」または「子育てしながら」です。

 新聞の折込に掲載されている事務職のパート。
昔なら正社員が行ってきた事務業務も現在は時給800円でパート・アルバイトで賄えるようになった時代ですから、正社員の仕事も厳しくなってきたんじゃないでしょうか。

 「家庭に入ってから再就職」
パートするにもいい時給が取れる。
ブランクを感じさせずに正社員になれる仕事って、何でしょうか?

こういうことを結婚当初から考えて専門学校に行き始めた同僚(本人は「趣味の専門職化」みたいなことを言ってたけど)にもエールを送りたい気持ちです。

 で、その時およびその後我が家や友人と話したときに出たこと。

・パソコン技術を生かして、パソコンスクールの先生
 あくまでパソコン。
COBOLやUNIXでは数年のブランクでも復帰が難しいし「子育ての片手間」程度では仕事がもらえないのでは?

・子供相手のピアノや英会話の先生
 我が家の子供は同級生のお母さんですが、外語大出身・英語の教職をもってい
る人に「子供の英語」を習ってました。

何か、フランチャイズみたいなのがあって、教え方の指導や外人講師の融通もしてくれるようで、生徒募集に「外語大出身・英語教師の資格」は訴求点になるのだそうです。

 カミさんの妹は薬剤師。
ダンナの都合で転勤を繰り返したのですが、転居先それぞれで苦労せずに仕事に就けたそうです。

本人は病院の薬剤師を希望していたものの、求人で多いのは「調剤薬局」で販売業務も多かった。その点の不満をのぞけばという条件付きですが。

 そうそう。この義妹のように、「ダンナの転勤にあわせて転居・転職を繰り返す」方も多いわけで、ここでも「既婚者の就職」はつきまとう訳ですよね。

看護師の再就職ではどうでしょうか?

交代勤務のローテーションと保育園の時間との調整なども大変なので「訪問看護師」の二ーズに見合うと聞いています。

 ちなみに、こういう話をいろんな人としているうちに、いちばん「手に職のな
い人」が自分自身であることに気づいて愕然とした次第です(^^;

 

このコラムに類似したコラム

参加御礼!!ママの再就職”準備”セミナー 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2012/12/17 14:27)

ママの再就職の現実 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2012/11/15 12:44)

Uターン転職、Iターン転職、Qターン転職、Oターン転職 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2012/09/05 08:00)

会社を辞めてはいけない 小松 俊明 - 経営コンサルタント(2011/11/05 20:37)

【映画】「60歳のラブレター」 藤原 純衛 - 転職コンサルタント(2010/10/10 22:20)