直近の英国・米国・ドイツ10年国債の金利推移から見えること - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

直近の英国・米国・ドイツ10年国債の金利推移から見えること

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

昨日は、日本国債の格付けが下がったことについて、長期的な見通しに基づいて、私見を述べました。
本日は現下の状況をグラフで紹介します。
3月21日から5月31日までの、米国、英国、ドイツの10年国債の金利(≒長期金利を)グ
ラフにしたものが、下記です。グラフは筆者が保有するソフトMSNマネーを使用して作成。


40日間で長期金利が英米は30%、ドイツに至っては35%も下がっています。
このグラフの意味することは
1.長期金利であっても短期間で、これだけの変化がある。
金利は零点何%の変化ですから感覚的に小さな変化と捉えがちですが、比率にすると極めて大きな変化になることが理解されると思います。

その事は、今回の様なギリシャ問題が発生すれば、市場は急激に変化するということを明示します。昨日の日本国債のレーティングが下がったことを市場が認識すれば大きな変化になることがあります。たまに市場金利を確認されるのも宜しいかと思います。

2.一方金利が下がると云うことは、国債の価格が上がることを意味します。
従って、金利が下がる前に国債を保有していた方は、含み益を抱えたことになり、売却すれば、大きな利益が稼げます。日本のメガバンクが昨年度利益を稼いだ一因として、保有していた国債の価格が上がる(金利が下がる)ことで得られた部分が大きな割合を占めていました。

3.もし、金利が上がった場合には、国債の価格は下がりますから、大きな売却損または評価損を抱えると云うリスクがあることになります。
既に三菱東京UFJ銀行等のメガバンクは、その影響を抑制する為に、償還期限の短い国債の比率を高めるオペレーションを行っています(通常評価損は短期よりも長期が大きくなります)

4.ところで、金利は短期間に変動します。
従ってローンを変動金利で組んでいらっしゃる場合には、この金利変動リスクを常に抱えているとご理解下さい。足元に地雷が埋まっていると思われるとより切実に感じると思います。

住宅ローンの場合には途中で金利の変更があっても、その5年のあいだは支払額が変わらないケースが多いのですが、元金の返済額と利子分の比率が変わっています。従って返済期間全体の元利合計額は増加しています
5年後、返済額が変わった時に思わぬ金額になっている場合があるとご認識ください。

5.変動金利でローンを組んでいる方は、将来も金利が低いことに賭けているとお考えください。従ってその賭けに勝つ場合は良いのですが、負けた場合には住宅を手放すリスクを抱えているとご認識ください。そのリスクを低くするには、繰上げ返済で借りている期間を短縮する、または、固定金利に借り換えするなどか有効です。


face book ページ オフィス マイ エフ・ピーを開設しました。
宜しければ、こちらのページでお楽しみください。
http://www.facebook.com/#!/officemyfp

☆セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。
お気軽にお問い合わせください。

★毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加ください
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨
独立系顧問料制アドバイザーの紹介
http://profile.ne.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

11月9日円換算主要株価指数、主要国債利回り、主要商品価格 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/10 19:00)

10月22日円換算主要株価指数・主要国国債利回・主要商品価格 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/23 17:00)

日本国債の行方と金利の動向-2 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/10 16:00)

日本国債の行方と金利の動向-1 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/08 16:00)

オリンピックで景気が良くなるって本当なの? 久保 逸郎 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/14 16:16)