住宅ローンの選び方 - 住宅ローン選び - 専門家プロファイル

森 久美子
エフピー森 代表 
神奈川県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの選び方

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン選び
はじめてのマイホーム(知らないと困る基礎の基礎)

こんにちは。ファイナンシャル・プランナーの森久美子です。

お金のことは、よく分からないからとあきらめてはいませんか。お金と上手につきあって、ちゃんと暮らしたいと思っているあなたの「マネー力」をつけるためのコラムです。

 

お正月も瞬く間に過ぎ、日差しに春めいたものを感じるこのごろです。

さて、今月のフラット35の金利が発表されています。

 

<1月の金利水準>

返済期間が21年以上の場合の金利幅:2.140%~3.200%

(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、2.140%)

返済期間が20年以下の場合の金利幅:1.860%~3.200%

(取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、1.860%)

 

最低水準が続きます。

 

対抗するように、民間の金融機関の変動金利も最低水準です。

そして、当然のように、民間金融機関のおススメは変動金利です。

 

なんとか住宅ローンの実績をあげたいとの思惑が、透けて見えますね。

 

さらに、少しでも目先の間、返済負担の少ないローンを斡旋して住宅を売りたい事業者と、根拠もなく「みんなが選んでいるから大丈夫」と商品を選択している消費者の姿が見えてきます。

 

変動金利を選んでもメリットのある人は、わずかです。

くれぐれも住宅ローンは、気分で選ばないようにしましょうね。

 

 

森久美子が提案する快適ライフhttp://fpmori.com/

 

森久美子暮らしレシピhttp://fpmori.blog13.fc2.com/

 

このコラムに類似したコラム

今、変動金利か固定金利か 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2010/12/31 16:00)

固定金利と変動金利 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/02/08 13:00)

民間住宅ローンとフラット35の特徴 平野 直子 - ファイナンシャルプランナー(2014/06/30 06:00)

住宅ローンの金利は今後どうなるの? 植森 宏昌 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/24 11:10)

「金利が上昇したら繰り上げ返済できる」と考える人は4割超 森 久美子 - ファイナンシャルプランナー(2012/06/13 23:00)