アメリカA級プロが教える 「ゴルフ成長ジャーナルの薦め」 - 各種のゴルフレッスン - 専門家プロファイル

ヒロコ・ベンダーホーフ
ベンダーホーフ 全米女子プロゴルフ協会 A級インストラクター
ゴルフインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ゴルフ

ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)
ヒロコ・ベンダーホーフ
(ゴルフインストラクター)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカA級プロが教える 「ゴルフ成長ジャーナルの薦め」

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ゴルフ
  3. 各種のゴルフレッスン

皆さんは、「ゴルフ成長ジャーナル」をつけていますか?

「何それ?」「まだやっていない」という方は、ゴルフ上達の方法を新たに見つけましたね!ラッキー!

成長ジャーナルとは、ゴルフの練習やレッスンの後、ラウンド後などに「その日感じたことを記録する日記のようなもの」です。

例えば、私は自宅で2メートル程のマットを使ってパット練習を続けていますが、何か気がついた時はそれを書き記します。

「素振りの時に、カップインするまで(単にカップを見るのではなく)イメージをしたほうが、実際のスイングがスムーズにできた」とか「邪念が入り、時間がもったいなかった」など。

忙しくて暫く練習が出来なかった時に、このジャーナルを読んでから練習を始めると、調子を早く取り戻せます。

「練習はしばらくぶりだな。えっとー、どんな感じだったっけ?」ではなく、数週間前の「感覚的な継続性」を早く取り戻すことができるのです。

因みにこれまでで「記録を続けてよかった」と一番強く感じたのは、“面倒くさかったけれども、やって良かった!”という走り書きでした。

このがあるから、今でも「面倒くさいな」と思いながらも、実行に移すことができているのかも。

勿論、コースでも「自分は練習を続けている」という自信は、スコアにつながります。

是非 ジャーナルを始めてみては如何ですか。

 

 

このコラムに類似したコラム

お客様からの声 ゴルフレッスン比較  ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2013/02/20 14:45)

ゴルフレッスン「え、本当にそこ直してしまうのですか?」 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/12/24 16:51)

ゴルフレッスンは、個人とスクール、どちらが上達するの? ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/10/29 14:20)

ゴルフレッスンを受けるなら、男性・女性どちらのプロから? ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/10/25 16:35)

プロが教える 「ベストスコア更新への効果的な方法」 ヒロコ・ベンダーホーフ - ゴルフインストラクター(2012/10/10 16:50)