耐震リフォームの新兵器 - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

耐震リフォームの新兵器

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
●建物の安全性を求めて

耐震改修工事は、必要とは判っていても出来るだけ安くしたいものです。

基本的には、屋根を軽くして、耐震壁を多く入れて、柱が土台から抜け落ちない様に金物で固定するのが主流です。でも、目に見えない地味な工事の割りに費用が掛かってしまうのが耐震壁の工事です。

屋根の葺き替えも費用が掛かりますが、外見が綺麗になりますので費用対効果は充分にあります。
それに引きかえ耐震壁は壁だけの改修に留まらず、天井も破って・床も一部撤去して、土台と柱が綺麗に見える様にしなければ、耐震壁に出来ません。しかも出来上がっても工事前とそれほど変り映えがしませんので、多くの人が二の足を踏んでしまいます。

そんな耐震壁工事に朗報の建材が出ました。ダイケンから出ているダイライト耐震壁「かべ大将」です。http://www.daiken.jp/taishin/kabe.html
この耐震壁は梁まで張り上げる必要がありませんので、天井を壊す必要がなくなります。また、土台に留める必要もありませんので、床を壊す必要もありません。壁のみの改修で壁量倍率を確保出来ます。

壁の改修はそれで良いとして、柱頭・柱脚金物の取り付けの為に天井・床を壊したのでは意味がありません。しかし、これまでは天井・床を壊さなければ、柱頭・柱脚金物は取り付けられませんでした。今回㈱タナカから、リフォーム専用の柱頭・柱脚金物が発売されました。
http://www.tanakanet.jp/contents/product/hasirasetu/has64ct.html
従前の金物に比べ、足が長く、天井を壊さなくても梁まで届く様になっています。梁に固定する時に用いる専用ビットも同時に開発されています。

試算しますと工事費・工期とも1/2で仕上がります。
これが、普及して耐震改修が進めば、地震が来ても少しは安心かと思います。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●建物の安全性を求めて」のコラム

ALC板の劣化(2013/08/23 08:08)

自邸の耐震改修(2013/01/10 08:01)

このコラムに類似したコラム

かんたん耐震補強 その1 遠藤 浩 - 建築家(2011/04/21 23:50)

本当に久しぶりの更新になってしまいました。耐震改修に取り組んでいます 木下 泰徳 - アップライフデザイナー(2016/10/01 15:02)

耐震化リフォーム 施工会社と下見を行いました。 一條 美賀 - 建築家(2014/01/31 19:26)

nanapi 無料でズバッと!カンタン診断 監修! 三竹 忍 - 建築家(2013/11/19 12:00)

木造住宅と地震 志田 茂 - 建築家(2013/08/06 08:00)