何が集まってそうなっているか? - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

西田 淑子
サクセスインサイド・コミュニケーション 代表・コミュニケーショントレーナー
大阪府
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何が集まってそうなっているか?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング

ダヴィンチが描いたモナリザ、その背景は青く描かれていたそうだ。ダヴィンチは「空気が青いのではない、空気中の水蒸気が青いのだ」と発見した。それで、遠景ほどより青く描いたのだそうだ。

なるほど、そういわれてみれば、水は青い。青空と白い雲を見ると、白い雲は水蒸気の集まり、だということは、そう習ったので分かる。青い空は、水蒸気が青くしている、なんてことを、白い雲と比較したら、どうしてそうだと考えるのだろうか。もしかしたら、ダヴィンチは、白い雲は水蒸気の集まり、だって事を知らなかったんだろうか、なんて考えてしまう。

まるで、空をものすごく性能のいい拡大鏡ででも見たような、ダヴィンチのコメントである。雲は光が乱反射しているために白く見える。青い空にある水蒸気の粒よりも、雲の水蒸気、もしかしたら水の粒といったほうがいいかもしれない、がもっと大きい。それで、雲は白く、空は青く見える。

大阪市長の橋下市長は、図書館を本の集まり、ではなく、字の集まり、と表現したそうだ。確かに、本は字の集まりだ。字が集まって言葉になり、言葉が集まって文章になり、文章が集まって本になる。

私たちは、物事を一般化できる才能を皆、持っている。字の集まりと認識せずに、本だと認識できる。水蒸気の集まりだと認識せずに、雲とか空と認識できる。当たり前のことだと思うけれど、すごい才能である。多くの情報をいちいち、細かく認識せずに、まとめて、一般化して認識したり、覚えたり出来るので、私たちは学習することができる。

しかし、厄介なこともある。一般化したことが、それが根本だと思い込んだら、選択肢がなくなる。ある1人の誰かに、嫌な思いをさせられたとする。そうすると、その誰かが男だったら、男はみんな嫌なやつ、となることがあるし、その状況が掃除の時間だったら、掃除はみな嫌なこと、になることがある。

学習することと、厄介な感情を持ち続けてしまうことは、結構、同じような作用なのである。事実を細かく見ていくことは、しかし、自由に生きるために必要な方法である。「空は何が集まって空になっているのか?」、「嫌な男は、誰が集まって嫌な男になっているのか?」、という質問に答えるだけでも、何か新しい発見があるはずだ。

このコラムに類似したコラム

ダメだと思った部下は本当に育たない 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/13 09:36)

Going Global - 自分の運命は自分で握ること 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/01/03 14:16)

責任者と被害者 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/04/05 13:00)

プロセスにこだわりますか? 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2015/01/18 10:00)

『「自分が誰で何がしたいのか」わからないまま大人になる日本』から脱出するには? 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2014/08/08 14:56)