住宅ローンの繰上返済の2タイプの使い方 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの繰上返済の2タイプの使い方

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般
不動産 持ち家・賃貸・住宅ローン

住宅ローンを返済している場合、手元資金に余裕ができましたら、住宅ローンの繰上げ返済をお勧めします。

投資の観点からは、繰上返済は、リスクが無く減少する利息分が収益と見做せる、最も有利な投資対象です。リスクが殆どない、預貯金での貯蓄は、その金利が、ローン金利に比べ低いため、ほとんどの期間繰上返済の利息減少分が勝ります。

リスク商品の収益性を図るシャープレシオは、(期待リターン―無リスク商品の期待リターン)÷リスクです。この無リスク商品の期待リターンが、利息減少分ですので、やはり繰り上げ返済に分があります。

繰上返済の期間短縮型は、毎月の返済額は従来通りにして、返済期間を短縮する方法で、元利均等返済型の返済期間の早期に行いますと、利息分が大きく減少し、より効果が上がります。定年後にも住宅ローン返済が残る場合には、この方法で退職時までに完済できるよう期間多いん祝をお勧めします。

返済額軽減型は、返済期間は変えず、毎月の返済額を少なくする方法です。家計の返済額が支出に対して負担が大きな場合には、この方法がお勧めです。

セミナーやご相談は根拠の明示と実証データでお話しています。
お気軽にお問い合わせください

毎月、資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
宜しければご参加下さい。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー  日本FP協会認定CFP(R)
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイサー
宅地建物取引主任者
独立系顧問料制アドバイザー 吉 野 充 巨
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.htm

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「不動産」のコラム

このコラムに類似したコラム

晩婚カップルの住宅購入術【その3】 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/06/22 02:35)

中立的なFPによる、住宅ローン(新規・借り換え)セミナー 5月開催お知らせ! 岩本 裕二 - ファイナンシャルプランナー(2013/04/29 09:36)

住宅ローンの返済期間 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/21 07:00)

変動型か?固定型か? 前野 稔 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/19 08:37)

住宅ローン返済方法2タイプ、どちらがお得 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/03/09 10:00)