その7→コーチを変えたい! - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

and Cs 代表
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
上前 拓也
上前 拓也
(パーソナルコーチ)
中川 淳一郎
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

その7→コーチを変えたい!

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
コーチング・ほんとのところ・経験談 コーチングを受ける壁を越える
ちょっとこの人合わないかも・・・。人間ですから、相性があって当然!それは誰が悪いとかそういう次元ではありません。


コーチングはコーチのものでなく、自分のもの。コーチを誰にするか、はあなたが決めていいことです。主導権もあなたにあります。


でも、逆に人間ですから言い出しにくいのもアリ!ではどうするか?

最もいいのが、契約の切れめ、料金払い込みのタイミングです。

理由はどうするか。

正直に「あなたとあわないからやめます」、ではオトナのコミュニケーションではないですね。

ではあなたがご自分ならどういわれたいでしょうか。

私自身はけじめを求めるので、今月で終了したいです、ちょっと休みたいのです、とか、別のタイプのコーチをお願いする必要が出た、といういい方をしてきました。「ふーん、しかたないですね、残念ですね」と円満に終わるでしょう。どうでしょうか。

実際私も、クライアントとの方の間では、契約途中であっても話し合いのもと、終了した方もいます。(苦い思い出でもありますが・・・ほんとはね)

というわけで、このシリーズ、基本的な個人契約におけるパーソナルコーチングセッションのお話しをしてきました。まだ、壁があるよ、それはね、という方は個人的にご相談ください。
お待ちしています。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
and Cs 代表

「傾聴力」が高まった職場では、組織の実力が劇的に変わります

「正しく聴ける力=傾聴力」を高めることにより、コミュニケーション能力が向上し、人間関係において、望ましい関係を構築することができます。コーチングの手法を用いた「人を伸ばす」研修により、個人の成長と企業の成長を支援しています。

カテゴリ 「コーチング・ほんとのところ・経験談」のコラム

愚痴を言える賢人(2009/10/30 00:10)

その6→続かない!(2007/11/25 00:11)

その5→テーマがない!(2007/11/23 00:11)