日本国債の行方は価格の低下=金利の上昇に繋がります - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日本国債の行方は価格の低下=金利の上昇に繋がります

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般

昨日に引き続き、日本国債の行く絵について考えてみました。

国内の金利が上昇すると、日本国債を買うための外資の円買いにより、とりあえずは円高になります。ただ、長期的には為替は購買力平価に沿って変化するので、「国内の金利上昇≒インフレ率の上昇」により将来的には円の価値は低下致します。

円安に為るとどのようになるのかが気になります。このケースの場合には、経済的な発展=需要の拡大によりインフレが発生するのではないため、輸入品の価格が上がりコスト面でも企業は不利な立場に追いやられます。コスト改善のためのリストラの進展がますます進むのではないでしょうか。

また、生産性が向上するわけでもありませんので、円安=輸出拡大に繋がるかも疑問です。

現在、日本の金融機関の国債保有残高は、昨日のコラムに示しました通り、銀行では資産の2割、生保では資産の4割が国債です。

新発国債の金利が上がりますと、連動して既存国債の価格が下がります。何故ならば、国債だけでなく債券は日々取引が行われており、その場合の価格は、新発国債の金利が得られる価格まで低下するからです。金利の上昇が急であれば、国債の暴落につながります。

現在の会計基準では、資産は時価で評価することが決められていますので、決算期には資産の評価替えが行われ、資産が縮小します。近債の評価損の為、各金融機関で大きな赤字になります。そのため、多くの金融機関は、新規貸出しが出来ず、むしろ貸し剥がしが再発することが予想されます。

つまり国債の発行をこれ以上野放図に続ければ金融システムの混乱が始まります。

このような事態を避けるには、IMFのサジェストにも在るように、財政規律の立て直し、財政改革と増税に政権のかじ取りが行われるのではないかと考えています。
この姿は、現在のギリシャの姿とオーバーラップしますが、ギリシャは他のEU加盟国の支援が見込めます。日本は、あまりにも大きな経済であり、支援してくれる国はなさそうです。IMFでもパワーが小さいと思います。

従って、インフレの進行と財政再建のための、社会保障改革、公務員のリストラを含む改革、そして増税の時代が予想されます。
極めて悲観的なシナリオですが、発生確率は極めて高いものと思われます。

セミナーやご相談は根拠の明示及び実証データをもとにご説明します。

毎月資産運用・ライフプランのセミナーを開催しています。
http://www.officemyfp.com/seminerannai.htm

文責
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFPR
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー 
吉 野 充 巨

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべてご相談者及び読者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

「国の借金額、ついに1053兆円に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/05/15 18:00)

「一人当たり818万円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2014/08/15 12:53)

国債毎月発行される 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2013/05/29 09:36)

「マネタリーベース 過去最高155兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2013/05/10 11:19)

東京大学教授伊藤元重氏講演{日本経済再生への道」ネットで投信フォーラムより 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/03/24 18:00)