所得税等に係る過納金の還付請求権は相続税の課税対象となる - 家事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年06月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

所得税等に係る過納金の還付請求権は相続税の課税対象となる

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
相続

 

[コラム]所得税等に係る過納金の還付請求権は相続税の課税対象となる

被相続人が所得税更正処分及び過少申告加算税賦課決定処分に基づき所得税,過少申告加算税及び延滞税を納付するとともに上記各処分の取消訴訟を提起していたところ,その係属中に被相続人が死亡したため相続人が同訴訟を承継し,上記各処分の取消判決が確定するに至ったときは,上記所得税等に係る過納金の還付請求権は,被相続人の相続財産を構成し,相続税の課税財産となります(最判平成22年10月15日裁判所ウェブサイト)。

このコラムに類似したコラム

相続税の申告と特例 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/25 08:14)

相続税法の基本的仕組み 村田 英幸 - 弁護士(2013/09/25 06:23)

3 相続税額の計算 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/15 09:30)

第4 事業承継における株式の税金 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/15 08:49)