交通事故の「後遺障害診断書」のポイント(適正な後遺障害等級認定のために診断書は重要) - 交通事故 - 専門家プロファイル

弁護士法人アルテ 代表弁護士
兵庫県
弁護士
06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

交通事故の「後遺障害診断書」のポイント(適正な後遺障害等級認定のために診断書は重要)

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 交通事故

適正な後遺障害等級認定のために診断書は重要

後遺障害の診断書は、症状固定した時に医師に作成してもらうことになります。

そして、後遺障害の診断書の他、XP・CT・MRIの画像、報告書など必要書類を準備して、後遺障害等級認定の申請を行ないます(被害者請求)。

後遺障害等級認定の判断に際して、後遺障害の診断書は、極めて重要な資料となります。

この後遺障害診断書の内容次第で、適正な等級認定を得ることができるかどうかが大きく決まります。

交通事故の被害に遭われた方の多くは、初めての交通事故であるため、「後遺障害の診断書は普通の診断書と何が違うの?」、「後遺障害の診断書に何を書いてもらえばいいの?」など、ご質問やご不安をお抱えになられると思います。

後遺障害の診断書とは、正式には、自動車損害賠償責任保険後遺障害診断書といい、自動車損害賠償責任保険における後遺障害認定のためのものです。

交通事故に起因した精神・身体障害とその程度について記入されます。

「後遺障害診断書」で知っておきたいポイントはこちら!

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / 弁護士)
弁護士法人アルテ 代表弁護士

企業法務から身近な法律相談まで幅広く対応いたします。

弁護士法人アルテ代表弁護士。東京大学法学部卒。企業法務に従事し、労働問題(会社側)に精通。著書「外国人雇用の実務」(同文舘出版)。ラジオ番組出演(FMあまがさき「中西優一郎のLaw and Order」)。商工会議所、大学、企業での講演・セミナー多数。

06-6435-8309
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム