結果を先に決めれば成果は近づく - ビジネスコーチング - 専門家プロファイル

西田 淑子
サクセスインサイド・コミュニケーション 代表・コミュニケーショントレーナー
大阪府
ビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結果を先に決めれば成果は近づく

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. ビジネスコーチング


私の出身校は大阪体育大学です。授業は実技がとても多いのです。中学校や高校の体育の時間に習うスポーツは、ほとんど専門科目として授業がありました。実技の授業の期末試験は、当然実技です。

体育大学生といってもすべてのスポーツに万能というわけではありません。バスケットボールの期末試験は、ドリブルシュート10回トライで8回パス、フリースロー3回トライで1回パス、でした。つまりドリブルシュートが7回目で3回目の失敗をしたら、その時点で最初からトライする、ということです。できなければその単位は落第します。

当時、私のいたクラスは女子ばかりで40人ほどでした。バスケットボール部でしたらそれが出来て当然ですが、私はソフトテニス部、ラケットと小さいボールは扱いなれていても、バスケットボールは高校の体育の授業と大学の体育の授業くらいでしょう。体育大学のバスケットボールの授業と言っても週1回90分の授業ですから、専門科目と言っても、さほど専門的に練習するわけではありません。

他の学生は、水泳部、体操部、ダンス部、陸上競技部、剣道部、なぎなた部、ハンドボール部、レクレーション部、硬式テニス部など、ボールとは無縁のスポーツ選手もたくさんいます。その学生たちにドリブルシュート10回トライで8回パス、フリースロー3回トライで1回パス、という試験を課した先生は、なかなかのチャレンジャーだと思いますが、最初は「え~~~!」とどよめいた私たちも、努力しました。休み時間や昼休みや休講時間を使って、練習し続けました。もちろん、先生が「最後まで付き合ったるから、君らもがんばれ」という励ましがあったからできたことでしょう。

そのおかげか、試験は全員パスしました。

私たちは、新しいこと、未知のことにチャレンジするとき、よく、できない理由を先に考えるクセがあります。それはおそらく、これまで通りのことをしている方が、エネルギーの損失が少なく楽だからでしょう。あるいはリスク管理を上手にしているのかもしれません。

それよりもできる理由を考える、ということの方が有効ですが、これもうまく機能しないことのがあることに、私は研修をしていて気が付いてきました。それより結果を先に決めてしまうことの方が、できる方法を探しやすい、ということをこのバスケットボールの授業の経験は教えてくれています。

例えば結果は「優勝すること」とか「予選を突破すること」あるいは「10時に到着すること」などです。結果を決めてしまったら、どうしたらそれが実現するか、を考えざるを得なくなります。

目標設定の時に、結果から考える、と言いますが、正しくは、結果を先に決めてから、できる方法を考えることを、結果から先に考える、ということになります。結果を先に決めたとしても、必ずしも結果通りになるとは限りません。そこには自分以外の他者の影響もあるからです。

しかし結果が完全でなくても、おそらく私たちの満足度というのは、結果に対する過程にあります。その結果を得るために、どのように自分自身は行ったのか、ということによって、結果は例え70%の成功だっとしても、満足度は120%であることも可能でしょう。

出来るかできないか、を先に考えるのではなく、解決策を先に考えるのではなく、結果を先に決めてしまうことが、成果を得る最も最善の策であると、私は考えます。

このコラムに類似したコラム

ビセンテ・デル・ボスケ【コーチ列伝】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/07/04 12:42)

コーチングとは何だろう?【その2】 黒木 昭洋 - BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ(2014/06/18 19:00)

すっきりしない原因を探す 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/06/13 17:54)

準備ばかりで終わっていないか 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/31 11:19)

目標を見誤らない 上前 拓也 - パーソナルコーチ(2013/05/30 11:38)