通常清算 - 事業再生と承継・M&A全般 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

 解散により、会社は、合併と破産開始手続開始決定の場合を除いて、清算手続に入ります(会社法475条1号)。

 まず、解散時点での継続中の事務を完結し、取引関係も完結します。そして、弁済期にある債権を取り立て、金銭以外の財産は換価し、会社の債務を弁済します。その方法は、2か月以上の一定の期間内に債権を申し出るべき旨を官報に公告し、かつ、知れている債権者にこれを催告して、この期間経過後に、申し出た債権者と知れている債権者全員に弁済します(会社法499条)。その結果、残った財産を株主に持株数に応じて分配することになります(会社法504条)。

 ただし、残余財産の分配につき優先・劣後の種類があるときはそれに従います(会社法108条1項2号)。

 

このコラムに類似したコラム

株主総会招集通知を発する期間 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/25 17:27)

第2章 廃業、通常清算 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/15 07:19)

事業承継とM&A(会社分割) 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/31 22:14)

事業承継と取締役の解任 村田 英幸 - 弁護士(2012/01/29 21:03)