【海外資産の課税強化】 5千万円超に報告義務 - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学専門家・英語教育者)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
奥村 美里
(英語講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【海外資産の課税強化】 5千万円超に報告義務

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般
税金

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

2012年度の税制改正で、政府は、海外との取引について課税強化に動いています。



個人では、海外に5,000万円超の資産(預金、株式、不動産など)を持つ個人は、年1回税務署への報告が義務付けられます。

これにより税務署は、預金利子や株式配当を把握し、所得税や相続税を課税していきます。

違反した場合は、1年以下の懲役などの罰則が科せられ方向です。


会社オーナーなどの富裕層は、すでに海外に資産を移す“キャピタル・フライト”を行っていると言われています。


武富士などは、長男が香港に移住までさせて、節税をしようとしていました。

筑紫哲也さんがお亡くなりになった時には、約5千万円の海外資産を除外して相続税の申告をしていたのが見つかり、話題になったこともありました。


海外へ資産を移す動きは、香港に預金口座を作るツアーなど、資産家や有名人だけではなく、普通の方にも広まってきています。


こうした動きに対して、国税庁も海外資産に対する課税を強化してきています。
海外資産に係る相続税の申告漏れが、10年7月~11年6月で、116件と、36%増となっています。

今回の規制は、こうした個人のグローバル化に対して、さらに対応してものですね。



よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 【無料】 起業家の資金調達 & 資金繰り 相談会

起業時の資金調達・資金繰りについて、事業計画から税務面まで含めて、まとめてご相談に乗ります!

料金
無料

初めて起業する人にとって、起業はリスクも大きく、不安や悩みがつきません。
そこで、All Aboutを通じて起業家からの相談に、無料でお答えします。

この無料相談は、単なる財務・税務、あるいは資金調達の相談だけではありません。
事業計画のブラッシュアップや、・会社設立などについても、あわせて相談に乗ります。

--「日本に企業文化を確立する」ため、今年から起業家支援を積極的に行っています!--

【無料】 起業家の資金調達 & 資金繰り 相談会

このコラムに類似したコラム

マイナンバーに関する海外ロングステイヤーへの情報提供no.2 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/08 17:00)

ロングステイ情報 マイナンバー制度に関連するURLの紹介 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/08 13:53)

アドバイザーに相談 医療情報・住居・交通情報・資金管理情報他 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/11/01 10:00)

ロングステイした方聞く、滞在資金の所持方法と不安で在った事 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/31 10:00)

同伴相手と滞在期間セミナー等参加者と不特定多数の違い 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/10/28 10:00)