【野田 新首相誕生】 どうなる今後の増税? - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【野田 新首相誕生】 どうなる今後の増税?

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
税金

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。

野田佳彦財務相が、海江田万里経済産業相を破って、民主党の新代表となりました。

野田氏は、財政規律派で知られ、今回の復興財源に関しても、他の候補者と違い、増税を主張しています。

日本国債の更なる格下げや、国債暴落まで噂されるような状況で、仕方がないのかもしれません。

しかし、今後の税制改正等に関しては、厳しいものになりそうです。



平成23年度税制改正のうち抜本改正部分が、この秋の国会に先送りされていますが、どのようになるのか、まだはっきりしていません。

震災の復興財源についても、税制調査会などで、
・法人税・所得税の基幹税を中心に10兆円規模の増税
・増税期間は5~10年
・当初2~3年の期間の税負担を重く、残りの期間は軽くする
という方向で進められていますが、具体的な案は、まだ示されていません。


しかも震災復興のはずが、なぜか、B型肝炎訴訟まで震災復興と合わせて増税で賄う案が出ています。

それも、地方税である固定資産税による増税です。


また、日経新聞の報道では、”平成23年度税制改正のうちの抜本改正部分”であるはずの相続税の増税も震災復興財源とする、といった報道がされています。

本来、震災復興のような臨時増税と、抜本改正である相続税の増税は、まったく相いれないはずです。


これでは、平成23年度税制改正のうち抜本改正部分自体も、どうなるかわかりません。



このように、ここのところの税制調査会や各種報道を見ていると、復興増税の名のもとに、なんでも増税となっているような感じを受けます。


野田氏が首相となり、財政規律を重視することは、今の国家財政を考えれば仕方がないかもしれません。  

しかし、今後、“なんでも増税”となると、今の六重苦・七重苦に苦しみ、海外からは積極的な誘致を受けている日本の企業にとって、これからも国内でビジネスを続けるモチベーションがなくなってきますね。


<関連記事です>
臨時復興増税 当初の案⇒  
【復興増税 賛成 vs 反対?】 負担はどれだけ?
臨時復興増税 追加情報 その1⇒
【臨時 (復興) 増税】えっ!B型肝炎訴訟で、固定資産税が増税!?
臨時復興増税 追加情報 その2⇒
【相続税 復興財源に】 ◆ 速報 ◆
 

よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「税金」のコラム

このコラムに類似したコラム

税制全体の動向 高橋 昌也 - 税理士(2013/02/28 07:00)

所得税と相続税 高橋 昌也 - 税理士(2013/01/21 01:00)

平成25年度税制改正の行方 菅原 茂夫 - 税理士(2012/12/12 09:38)

税制の傾向と生活のお話 高橋 昌也 - 税理士(2012/08/26 01:00)