大型M&A発表!でも、日本の財政は・・・ - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大型M&A発表!でも、日本の財政は・・・

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
よもやまブログ
こんにちは!
さて、欧州最大の買収ファンド「ペルミラ」が、日本国内の企業買収に乗り出しました。
買収先は、一般生活者には聞きなれない会社ですが、農薬事業大手のアリスタライフサイエンスです。

そして、驚くべくはその買収金額ですが、2500億円と超大型な買収額となっています。
資金は、1000億円をファンドが拠出し、残りは銀行などからの融資にて行う予定だとか。

“サブプライム”の影響による「信用収縮」で、白紙撤回なども続いているM&Aですが、今回の案件はすんなりいくのかどうか注目です。


それにしても、話は変わりますが、先週の政治家による“消費税”の大幅引き上げの話はあっけに取られましたね。

このあとの増税論議への呼び水的な発言でしたが、「ヨーロッパは20%だから、それに近い引き上げは当然考えて然るべし」的な内容でした。

ちょうどヨーロッパに行っていたあとなので、びっくりしましたが、

「“増税”の前にいくらでもやることがあるでしょ!」

と、言いたくなりますね。

たとえ、20%にしたとしても、今のままでは「プライマリーバランス」がやや黒字化する程度でしょう(上手くいったとしても!)。

財政再建の戦略的な計画もなしに、安易な増税論議はもってのほかといえます。

日本の将来的には、増税はやむを得ないと私も思いますが、政治家や官僚の傍若無人な「横行」を見ていると、釈然としないのは私だけではないでしょう。。。


さて、先週末、メルマガ発行しています!

国の財政は、長期的・大局的に考えなければなりませんが、まずは自分で出来ることから・・・

安定した資産運用に適した“マルチマネージャー型”のヘッジファンドの「実績」をご紹介しています。

宜しければご覧ください。

http://www.mag2.com/m/0000121186.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム