税額控除で、法人税の節税ネタです。 - 決算対策・税金対策 - 専門家プロファイル

近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士
税理士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:税務・確定申告

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

税額控除で、法人税の節税ネタです。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 税務・確定申告
  3. 決算対策・税金対策
法人税

税額控除で、法人税の節税ネタです。

【法人と個人の税金対策に役立つ神戸の税理士のメルマガ】

今回の節税ネタは、「中小企業等投資促進税制」というものです。
詳細は、http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5433.htm
をご覧ください。

この制度では、特別償却と税額控除のいずれかを選択できますが
ストレートに節税できる税額控除の方が、インパクトが強いので
私は、税額控除をおすすめします。

例えば、1000万円の機械を購入した場合
その年度の法人税の20%を上限として1000万円の7%まで
法人税額が減額されます。

つまり、その年度の法人税額が200万円の場合には
70万円の税額控除が適用されて、130万円の税額控除になります。

この制度で、意外と適用漏れとなっているのは
リースによって機械を取得した場合にも適用できるのに
決算で適用漏れとなっている場合があります。

また、リースによって機械等を取得した場合に
会計処理は、リース資産を資産計上している場合でも
リース料で経費している場合でも、税額控除を適用できます

この制度適用に当たって細かな要件は、上記URLで
国税庁のHPでご確認いただくか、顧問税理士にご確認ください

税額控除適用のための概要は以下のとおりです

・資本金3000万円以下の中小企業であること

・適用対象資産

(1) 機械及び装置で1台又は1基の取得価額が160万円以上のもの
(2) 「電子計算機」及び「インターネットに接続されたデジタル複合機」で次に掲げるいずれかのもの
   イ 1台又は1基の取得価額が120万円以上のもの
   ロ その事業年度において事業の用に供した
     上記の電子計算機又はデジタル複合機ごとの取得価額の合計額が120万円以上のもの
(3) ソフトウェアで次に掲げるいずれかのもの
   イ 一のソフトウェアの取得価額が70万円以上のもの
   ロ その事業年度において事業の用に供したソフトウェアの取得価額の合計額が70万円以上のもの
(4) 車両及び運搬具のうち一定の普通自動車で、貨物の運送の用に供されるもののうち車両総重量が3.5トン以上のもの
(5) 内航海運業の用に供される船舶

・税額控除の繰越

税額控除限度額がその事業年度の法人税額の20%相当額を超えるために、
その事業年度において税額控除限度額の全部を控除しきれなかった場合には、
その控除しきれなかった金額(以下「繰越税額控除限度超過額」といいます。)
について1年間の繰越しが認められます。


このメルマガの記事が役に立ったと思う方は下記facebookpageにアクセスして、

http://www.facebook.com/kobesouzoku/ 「いいね」をクリックしてください。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
下記の内容については、私の事務所HPのトップページに
記載がありますので、興味のある方はご確認ください

http://www.marlconsulting2.com/

⇒『相続税の1時間無料相談始めました』
 下記のALLABOUTのURLをご覧ください
 http://profile.ne.jp/pf/oumi/s/s-2016/

⇒『やさしい税務会計ニュース』
  8月22日より、「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」の適用が開始されています。
  この「個人債務者の私的整理に関するガイドライン」とは、
  東日本大震災により生活や事業基盤を失い、再スタートをするために二重ローンを
  余儀なくされる個人や個人事業主を対象に、破産等の法的手続きではなく、
  私的な債務整理による債務免除を行うことによって、生活や事業の再建を支援するための指針です。
  このガイドラインに基づき支援を行う組織を「個人版私的整理ガイドライン運営委員会」といいます。


⇒『経理総務担当者のための今月のお仕事のカレンダー』

   経理総務担当者様が毎月実施すべき業務をカレンダーでご案内
  しています。ご確認ください。10月のお仕事カレンダーです

⇒『会話形式で楽しく学ぶ税務基礎講座』
 
  今月は、「雇用促進計画書はいつまでに提出すればいいですか?」というテーマです
  雇用促進税制を具体的に適用するに当たっての条件と手続きを、
  わかりやすく会話形式で解説していますので、是非ご覧ください。

⇒『旬の特集』
   歴史的な円高といわれる状況が続いています。収益に悪影響がおよぶ企業も多いでしょうが、
    中小企業はこの円高に対して、どのような対応をとっているのでしょうか。
   ここでは、9月1日に発表された経済産業省の調査結果(※)から、中小企業の円高対応策をご紹介します。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【神戸の税理士が毎週配信している法人税・所得税・
 相続税に関する、最新情報と節税に役立つメルマガ】

 近江清秀公認会計士税理士事務所のURL
  http://www.marlconsulting2.com/
  近江清秀公認会計士税理士事務所(相続税専門HP)
 http://www.kobesouzoku.com/
 ALLABOUT PROFILEのURL
 http://profile.ne.jp/pf/oumi
 近江清秀公認会計士税理士事務所(相続税部門FBP)
  http://www.facebook.com/kobesouzoku/
  マイベストプロ神戸のページ
 http://mbp-kobe.com/kobe-souzoku/
  DREAM GATE アドバイザーのページ
  http://profile.dreamgate.gr.jp/consul/pro/oumi
  神戸の税理士 近江清秀のBLOG
 http://marlconsulting.typepad.jp/
 M&Aのご相談は、信頼と実績の桜橋監査法人
 http://www.sakurabashi-grp.com/
 中央三井信託銀行のリバースモーゲージのHP
 http://www.chuomitsui.co.jp/person/p_03/p_03_re.html
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
【編集後記】
このメルマガの記事が役に立ったと思う方は下記facebookpageにアクセスして、

http://www.facebook.com/kobesouzoku/ 

「いいね」をクリックしてください。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
近江清秀公認会計士税理士事務所 税理士 公認会計士

記帳代行から経営計画作成まで会社の成長をサポートします

中小企業の記帳代行業務から経営計画の立案まで幅広く支援。適切な助言で企業の発展をしっかりとサポートします。中国アジア地域進出も支援します。また、神戸・芦屋・西宮を中心に相続税対策及び相続税申告業務では、数多くの実績があります。

カテゴリ 「法人税」のコラム

このコラムに類似したコラム

平成24年4月1日以降からの消費税改正 近江 清秀 - 税理士(2011/01/17 00:29)

来てほしくなかったなぁ…という本音 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/18 07:00)

実は申告義務があるんですけどね 高橋 昌也 - 税理士(2013/06/17 07:00)

復興特別法人税 大黒たかのり - 税理士(2013/03/28 20:54)

法人にすることで経営上のメリットがあるなら 高橋 昌也 - 税理士(2013/03/05 07:00)