省エネ、災害に強い建築の具体的な4つの柱について - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役
建築家
082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

省エネ、災害に強い建築の具体的な4つの柱について

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵 1.軸になる考え方について

1.耐震性、耐久性に優れていること

  これまで取り組んできた耐震性の高い建築空間、そして「湿気ない空間づくり」をベースにした耐久性の高い建築造り(木造で耐用年数100年を基準)を徹底します。


2.自然エネルギーを賢く活用すること

  これまでも取り組んできた半地下を活用した地熱利用、開口レイアウトによる太陽光の活用、雨水利用、ルーバーによる採光の調整をはじめ、随時取り組み中の太陽集熱による暖気の活用、ソーラー発電、ソーラー給湯、薪暖炉などを活用した温水活用、バイオマス(木チップ)を活用した暖房システムなど、より積極的に取り組みます。さらに当社独自のFENG-SHUI(風水)を用いて自然の磁場エネルギーを賢く活用することを探求します。


3.断熱性能など環境負荷の低い環境づくり(省エネストレスがない環境づくり)

  省エネの根本に繋がる「家の断熱性能」の高い環境づくりを意図します。またこれまで実践してきたQ値平均2.0(4地域)を徹底し、出来る限りQ値が1に近づく性能の高い建築空間づくりを目指します。


4.当社の根底にある「住むひと&使う人が幸せになる」建築空間の提供

  これまで40棟以上の家造りや一般建築を通じて、住む人&使う人が幸せになる建築空間づくりを主体的に行ってきました。上記の3つの柱と合わせてより大切に取り組んでいきます。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
株式会社 川本建築設計事務所 代表取締役

世界で一つ「あなただけの幸せな住まい」を共に造りませんか?

私たちの考える家作りの大きな目的は「家族の絆や幸せが育まれること」。そこでこれまで家作りに成功した人たちの「家作りの知恵」をベースに家族が共通の思いを持ち、向き合える住まいをご提案。家族の思いをカタチにします。

082-254-8781
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「省エネ、災害に強いこれからの家造りの知恵」のコラム

このコラムに類似したコラム

快適なすまいづくりのポイント 青沼 理 - 建築家(2013/03/20 16:05)

長野県戸倉上山田へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/07/16 23:28)