アジアで上場! -香港・韓国・台湾証券取引所へ- - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

森公認会計士事務所 公認会計士・税理士
東京都
公認会計士・税理士
03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アジアで上場! -香港・韓国・台湾証券取引所へ-

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
IPO (株式公開) 海外上場

こんにちは、東京港区の公認会計士 森 滋昭です。


今朝の日経で、アジアの証券取引所に上場する会社が、2011年に5社前後あると報道されました。

すでに、エルピーダメモリが2月に台湾証券取引所、SBIホールディングスが4月に香港証券取引所に上場していますが、国内外食、ネット関連も検討中です。


記事によれば、上場準備期間に、日本では2~3年を要するに対し、アジア市場なら最短1年で上場できる場合も少なくない。

上場費用も、全体で2割程度コストが低いとのこと。



一方、「週刊 経営財務 2011年6月20日号」で、香港証券取引所に上場したSBIホールディングスの方へのインタビューでは、

香港証券取引所に上場へのメリットとして、
・資金調達の多様化
・多様な投資家へのアクセス
・ブランドや知名力の向上


デメリットとして、
・上場前、上場後のコスト
・香港証券取引所ルールによる経営自由度の低下の可能性
・上場開示量の増加による作業負担増


また、SBIホールディングスが約1年で上場できたのは、SBI自身が投資や株式公開(IPO)のプロだったことが、スムーズな上場につながったとしています。


一般的なアジア市場への上場・IPOに対する認識や、私自身のアジアへの上場準備に関わった経験からも、アジア市場での上場は、決して言われているほど簡単ではありません。

日経新聞の記事より、SBIホールディングスの方のコメントの方が実態にあっていると思います。



ただ、これから伸びていくアジア市場を中心にビジネスを展開される方にとっては、アジア市場でのIPOは、日本でのIPOよりもメリットは大きいでしょう。

実際、イタリアのプラダは、ミラノ証券取引所に上場せず、この6月に香港証券取引所に上場しました。



ところで、今年のIPOは、東日本大震災の影響もあり20数社にとどまる、と言われています。

日本市場でのIPOが20数社。一方、アジア市場を目指すのが5社前後。

このような流れが定着してしまうと、東証マザーズや店頭市場のようなIPO市場だけではなく、東京証券取引所自身も危機感を持たなければ、将来、日本企業に見捨てられてしまう、とまで言わなくとも、アジア市場の2軍となってしまいますね。


あなたなら、それでも、日本でIPOを考えますか?

<関連記事>

【サッカーのマンU、シンガポール上場へ】 東証はスルー・・・


よろしければ、クリックをお願いします。↓

人気ブログランキングへ

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 公認会計士・税理士)
森公認会計士事務所 公認会計士・税理士

会社設立・創業融資をサポート

監査・税務・ビジネス、”3つのキャリア”で、約20年。 その間、いつも「決算書の数字の奥にあるものをみる!」感覚を研ぎ澄ましてきました。 だから・・・ベンチャーから上場企業まで、あなたの会社の、一番の社外サポーターに!

03-6722-0960
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「IPO (株式公開)」のコラム

このコラムに類似したコラム

起業を成功させるために必要なのは 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/24 16:51)

海女は自営業者で古代からの仕事 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/15 19:07)

韓国経済が、日本よりも強くなる可能性 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/08 20:47)

感性重視のビジネスにも目を向けて! 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/06 22:54)

毎年2万店以上の通販サイトやショップが開業 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/02 20:18)