毎年2万店以上の通販サイトやショップが開業 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

毎年2万店以上の通販サイトやショップが開業

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 最近、ショックだった情報は、年間に新設されている通販サイトやネットショップの数が、2万店以上もあることです。多分、正確な数字を集計しているところはないはずですから、あくまでも憶測でしょうが、一説には3万店近くという人もいます。何せたいへんな数のサイトやショップの数です。

 通販モール最大手、楽天へ出店しているショップ数が約4万店ですから、その多さを実感できると思います。ネット通販市場の年間売上高も10兆円を越えて、とても勢いのある市場であることは確かです。わが国では、これでもネット通販の普及は、米国に比べ遅れて今後ますます増加するようです。

 これからは、大手小売会社が通販サイトにますます参入すると思われます。中小企業メーカーも、従来の問屋や小売りを通しての販売から、ネットによる直接販売に比重を移す動きを見せています。お客さんは、ますますネット購入が便利になるため、市場が拡大することは確かです。

 ただ、これからネットショップで開業する人には、これまで以上に厳しい市場になりそうです。大半のショップは、おなじような商品を扱っていて、お客さんにとっては、品揃えや価格、利便性、付随サービスなどが購入の決め手となります。そうなると、大手のショップには敵わないのが現実です。

 最近、地方の通販サイト経営者の中には、生産者と消費者を結ぶ仲介ビジネスから、自前で製造に着手する小企業まで出現しています。農産品でも、食品加工品でも、サイト運営をしている経営者はお客さんニーズを熟知しています。作るだけの製造業者よりは、格段にお客さんに喜ばれるモノを作れます。

 ショップ経営者の中には、従来のネット販売を行っていない製造メーカーから請負で商品販売をしている人がいます。ショップが主導権をとって、数社の販売を手がける仕組みです。このくらい商品販売に責任を持たないと、誰もが扱う商品をただサイトに貼り付けても、ほとんどお客さんは集まってくれません。

【一言】
 ネットショップ開業では、女性の方からの相談を良く受けます。やはり、どのようにしたら売れるかと言った内容がほとんど。多分、毎年2万店以上の出店があって、そこでビジネスを継続することを考えると、安易な出店は楽天モールやヤフーショッピングを儲けさすだけと気付くはずです。事前に戦略を良く練って、大手や他店とは違う土俵を考えるしかないです。

このコラムに類似したコラム

統計のマジックに騙されないビジネスの勧め 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/27 20:23)

インターネットだけのビジネスはとても不安定 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/07/20 21:12)

起業は異次元でのビジネスかも 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/04/29 20:44)

原理原則に戻って自店の周りを確認しよう! 森 大志 - 税理士(2013/03/12 07:28)