感性重視のビジネスにも目を向けて! - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

感性重視のビジネスにも目を向けて!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 連日むし暑い日が続いています。わが家では、そろそろ扇風機を使おうか悩む時期です。クーラーは、わたしがいないときだけ家人が使っているようで、わたしは節電型人間と自負しています。東日本大震災の年のヒット商品には、扇風機がありました。特に、デザイン性と機能に優れた3万円台扇風機が大きな話題でした。

 この高額扇風機の中心が、バルミューダのTさんです。元来はミュージシャンでしたが、あるとき起業を思い立ち、パソコンの冷却台作りを始めた人です。その後、パソコン周辺機器の製造をしていましたが、08年9月のリーマンショックで会社は危機的な状況に追い込まれ、そのとき開発を考えたのが扇風機です。

 将来は間違いなく省エネの時代が来る読みがあって、家電メーカーの大半が開発を止めていた扇風機に絞っての開発です。しかも、1万円以下の製品が大半の市場で、34800円の高額製品です。購入した人は、心地よいそよ風と、音がまったくないことに感動しています。皆さん、高い高いといいながら買っています。

 わたしが起業の視点から気になるのは、元ミュージシャンの経歴です。会社運営や製品開発に、ミュージシャンの感性が相当生かされています。元ミュージシャンと聞いて頭に浮かぶのは、スタートツゥデイの前澤友作さんです。アパレル通販の「ZOZOTOWN」を設立して、衣料は通販では売れないジンクスを一掃しました。

 ミュージックセキュリティーズの小松真実さんも、ミュージシャン時代に音楽仲間の資金繰りを楽にする目的で、ファンドを立ち上げるところから起業に向かいました。音楽ファンや投資家と、ミュージシャンとをファンドで結びつける発想は、それまでの日本人にはなかった発想です。現在は、被災地の企業支援でも有名です。

 現代人は、動物的感性が弱っているといわれます。そんな時代に、音楽で感性を研ぎ澄ました人たちが、起業において感性を生かすことは素晴らしいことです。感性は決してミュージシャンに限りません。今は、感性が受け入れられる時代到来です。誰もがもっている感性を磨くことが起業にプラスになります。

【一言】
 感性ばかりに頼ると、企業経営は痛い目にあいます。そのため、パートナーには、ブレーキ役をしてくれる人を探す必要があります。感性はアクセルですから、会社経営にはバランスが大事です。マーケティング万能の時代に、ストリー性のある商品やサービスを感性で売ることは、冒険ですがやりがいのある冒険と言えそうです。

このコラムに類似したコラム

【ダメリーマンダイエット⑧社長に勝つ!】16万部ヒット本伊藤… 加茂 えおり - マーケティングプランナー(2012/08/04 10:04)

実際の起業の第一歩をどう進めます? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/11/07 20:20)

起業のために必要な知識とは 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/28 20:18)

クラウドソーシングによる起業が増加 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/08/26 20:26)