米国にとって、アジア最重要国は!? - 海外ファンド・海外直接投資 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:投資相談

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

米国にとって、アジア最重要国は!?

- good

  1. マネー
  2. 投資相談
  3. 海外ファンド・海外直接投資
よもやまブログ
こんにちは!
 
ここにきて、幾分涼しい天候が続いていますが、このあとの“猛暑”のことを考えると、本当にこの夏、電力はもつのか心配になってきます。
 
アメリカでは、すでにニューヨークやワシントンにおいて、35度以上の記録的な暑さとなっています。
 
地球温暖化の兆候は、いまや世界中の国において“現実的な問題”となってきました。
 
まずは、各家庭や企業で、できることからやっていくしかないですね。
 
 
さて、先日外務省が、米国人の意識調査を公表しました。
 
米国の一般市民に対し、「アジアで最も重要な相手国」はどこかを尋ねたところ、中国が39%となり、31%の日本を初めて上回りました。
 
中国とした理由は、「貿易・経済関係」が43%でトップでした。
 
以前から、有識者の間では、すでに中国がトップでしたが、一般市民レベルでの意識調査でも、ついに日本を抜いて、中国が1位となりました。
 
たぶん、「好きな国は?」という質問であれば、違った答えが返ってきたのではないかと思いますが、やはり自国の利益を最優先に考える国柄だけあって、「米国債の最大保有国」である中国を、今は「最重要国」と考えるのは、当然なのだと思います。
 
日本としても、これから米国に限らず、世界中の国から“必要とされる国”を目指したいものです。
 
人の評価を気にする前に、やるべきことをやらねばですね。
 
では、今週も穏やかな日々が続きますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

最新カントリーリスク ランキング発表 浅見 浩 - ファイナンシャルプランナー(2011/10/22 09:17)

2015年1月9日株価指数・長期金利・商品先物価格週間騰落率 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/11 11:15)

マイファンドレポート 2014年11月は3.23%のリターン、ダウの犬銘柄入れ替え 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/12/11 15:27)

2014年10月24日今週の株価、債券利回り、商品先物価格 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/10/25 16:46)

日本と世界のREIT指数の動き(13年9月末~14年8月末) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2014/09/10 17:03)