物件間格差の時代2 〜メルマガ バックナンバー〜 - 資産運用・管理 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月06日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

物件間格差の時代2 〜メルマガ バックナンバー〜

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. 資産運用・管理
どんな物件を選びますか?…投資用不動産の選び方…
《1からの続きです…》

先日、ゴールドマンサックスが
ティファニー銀座本店を
約370億円で買収しました。

ティファニーが平成15年に購入したときの
土地・建物の取得費は約165億円ですから
こちらも4年間で倍以上値上がりしたことになります。

(リースバック方式ですから、
 ティファニーもそれなりの賃料を払うのでしょう。)


世界の不動産市場では、
景気がよくなって企業業績が上がれば
オフィス賃料も上昇します。

「1年前の1.5倍や2倍の賃料」は
十分にありえる話です。

外資系ファンドなどが所有するビルは
外国と同じ手法を用いるため、
更新時や所有者が変わったときに
賃料のアップをテナントに要求します。

そのようにして物件の価格が上がったビルが
一等地と呼ばれるエリアには数多くあります。
《3に続く…》



※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP