東日本大震災:テンションを落とさない経営 - キャッシュフロー - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:財務・資金調達

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
本森 幸次
本森 幸次
(ファイナンシャルプランナー)
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東日本大震災:テンションを落とさない経営

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 財務・資金調達
  3. キャッシュフロー
経営 経営実践

おはようございます、GWも終盤ですね。

明日はラジオ出演があるので、私は実質今日が最後です。

 

昨日からの続き、収入増につながらない支出を考えることについて。

借入の返済はその最たる例ですが、沢山あったからといって

売上を増やすのに直接貢献できるわけではありません。

こういう状態で課題になるのは、以前から指摘していることですが

費用にならない支出についてよくよく意識をすることです。

借入返済、生活費など事業経費にはならない支出についてよ~く

意識的になる必要があります。

 

無闇矢鱈と削減すれば良いというわけでもありません。

生活費を極限まで削って社長さんのやる気がなくなっても

困りますし…単なる緊縮財政ではテンションが落ちてしまいます。

また、皆が節制ばかりに走ってしまうと巡り巡って

自分の首を締めることになります。

 

難しいのですが、お金に対して自分の意識が通せるような

使い方を追求してみて下さい。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

東日本大震災:借入返済で会社を潰さないように 高橋 昌也 - 税理士(2011/05/03 08:57)

ニッポンの社長インタビュー記事掲載について 大間 武 - ファイナンシャルプランナー(2015/10/29 00:00)

オーナー社長は必見!役員社保削減成功実例集をプレゼント! 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/17 09:08)

資金繰り表作成のキホン 榎並 慶浩 - 税理士(2013/10/24 22:25)

「資金繰り」の大切さを、改めて。 田中 紳詞 - 経営コンサルタント/ITコンサルタント(2013/09/24 19:40)