東日本大震災:安易な保障切り捨てに走らぬよう - ビジネスモデル - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
四倉 勝治
(ブランドコンサルタント)

閲覧数順 2017年06月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東日本大震災:安易な保障切り捨てに走らぬよう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. ビジネスモデル
経営 経営実践

おはようございます、今朝は少し涼しいですね。

陽気も変わりやすいので、着る服などには注意しないと。

 

昨日からの続き、保険の本分は保障にある、という点について。

この点を忘れず、必要な保障額をきちんと把握した上で保険契約を

維持していた企業は、すでに復旧作業にとりかかっているのだとか。

日常的な保険に対する意識の差が、今回の震災後の対応において

大きな分かれ目となっているのです。

 

つまり、リストラだのといって安易に保障の切り捨てを行っては

ならない、ということです。

加えて「保障をメインに考える」と、節税や運用といった支出額の

多い保険がイマイチ使い勝手が良くないことも分かります。

支出が多い=リストラの対象にしやすい、という。

 

あまり余計なことを考えず、保障というシンプルな観点から契約を

すれば維持も楽になります。

余震や別地域での本震も懸念されている昨今、改めて保険についても

「使いやすいもの」について考えてみて頂きたいです。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

凄いぞ、粘菌!!(2017/06/28 07:06)

生体(2017/06/27 07:06)

複合企業体の形成(2017/06/26 07:06)

このコラムに類似したコラム

東日本大震災:保険、やはり間違いではないみたいです 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/20 07:22)

東日本大震災:保険の本分は「保障」である 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/15 07:37)

東日本大震災:大概の保障は掛け捨てで可能 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/24 14:41)

東日本大震災:新規借入が増えている 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/23 08:28)

東日本大震災:保険加入の傾向 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/22 07:37)