東日本大震災:保障をメインにしないとお金が足りない - ビジネスモデル - 専門家プロファイル

高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
税理士
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

東日本大震災:保障をメインにしないとお金が足りない

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. ビジネスモデル
経営 経営実践

おはようございます、4月も半分が終わりましたね。

そして一年ももうすぐ三分の1が終わり、早いものです。

 

昨日からの続き、保険は保障をメインに加入すべきです。

なぜなら「日常的な資金繰り」と「イザという時の保障」の

バランスを考えると、必然的にそうなるからです。

節税、運用系の保険は日常的な保険料の支払いが高い

ことが多いです。

そしてその「毎月の保険料の支払い」が事業経営を

圧迫しているようなケースが決して少なくありません。

高い保険料を支払いながら銀行からお金を借りている、

なんていうのは保険会社と銀行を喜ばせているだけです。

 

保険の本分である保障を重視、つまり掛け捨ての安い保険を

メインに据えるならば、同じ保障額で日常的な支払いは少なく

済みます。

 

そうすれば「資金繰りを気にして保障を減らす」なんてことも

しなくて済みます。

実はココこそが今回の震災で改めて分かったことの一つです。

この点について、実際の例でお話を。

 

いつもお読み頂き、ありがとうございます。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(税理士)
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士

「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

節税だけ考えていては事業の根幹が危うい時代。当事務所は、税務・会計はもちろん、マーケティングや経営戦略提案にも強みを発揮。とくにキャッシュベースの経営を重視し、小規模事業体が「いかにキャッシュを毎月手元に残すか」のアドバイスを行います。

044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「経営」のコラム

帳面だけでは何も進まず(2016/08/01 07:08)

現状に気が付けるか?(2016/07/31 07:07)

初期仏教や東洋医学(2016/07/28 07:07)

このコラムに類似したコラム

営業CF 高橋 昌也 - 税理士(2011/09/10 06:00)

東日本大震災:新規借入が増えている 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/23 08:28)

東日本大震災:保険加入の傾向 高橋 昌也 - 税理士(2011/04/22 07:37)

企業の借入戦略・銀行とどのように付き合うか! 森 大志 - 税理士(2012/09/20 17:45)

借金と良い付き合いをして縁を切る 高橋 昌也 - 税理士(2011/10/26 06:00)